常陽リビング
印刷表示
Joyoliving News : 2022年05月09日掲載

詩集『くさぶえ』発行

下妻市の「わらべうた・あそびランド」

冊子を手にする武井さん
冊子を手にする武井さん

子どもの情操教育の進展を願って活動する下妻市の「わらべうた・あそびランド」がこのほど、幼児のつぶやきを親や保育者が拾い上げて書き留めた「口頭詩」や小中学生の詩をまとめた詩集『くさぶえ』57集を作成した。冊子にちりばめられた日々の生活の中で何気なく口にした「小さな詩人」の言葉は、かつて子どもだった大人が忘れてしまった大切な気持ちを呼び起こすとともに、今を生きる子たちの成長の記録につながる。

「世の中が変わっても子どもの視点や素直な感性は変わりません」と話す武井隆志さん(66)は26年間『くさぶえ』の選者を務め2年前に会長に就任した。同会は「チャンチキおけさ」で知られる同市出身の作詞家・故門井八郎さんの提唱により1990年に発足し、年2回の詩集の発行に加え芋煮会などの交流行事を通して子どもたちの感性を育んできた。昨年は新型コロナウイルスの影響でイベントも詩集の発行も中止になったが、今年は多くの協力を得て発行に。市内の園や小中学校へ作品提供を呼び掛け口頭詩121点、児童詩1390点、生徒詩700点が寄せられ、その中から選者が選んだ詩を紹介している。

口頭詩を記録する注意点は、言葉をそのまま書き取り脚色しないこと。「一瞬で消えてしまうつぶやきを記録することで、子どもの成長も分かり生きている証を残すことにもつながります。子どもならではの忖度(そんたく)しない言葉に思わずにっこりすることも」と武井さんは目を細める。小中学生の詩の中にはコロナウイルスへの不安や怒りをぶつけたものも。「制約がある日常ですが、心の動きを詩に託すことは子どもたちの成長につながります。『くさぶえ』のともしびを絶やすことなく続けていきたい」。

冊子は下妻市役所千代川庁舎2階生涯学習課で1000円で販売。

■ 問い合わせ
0296(45)8995/下妻市生涯学習課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2022-05-09 09:00:10 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-05-23更新 ]
  1. 1933(昭和8)年に建てられた龍ケ崎市の旧高松邸石蔵で、5月22日(日)まで「シルクロードウイグル伝統工芸品展」が開かれている。
  2. かすみがうら市歴史博物館で5月22日(日)まで、企画展「霞ヶ浦の鯉文化」が開かれている。
  3. 茨城県陶芸美術館では、令和3年度に新しく収蔵した作品を展示する「新収蔵品展」を5月18日(水)〜9月25日(日)まで開催する。
  4. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院では、つくば市で初めて認可された室内納骨堂「涅槃堂永代納骨壇」の受け付けをしている。
  5. 国内外で活躍するギタリスト木村大がプロデュースする 「木村大ミュージックラボ(通称:キムラボ)」が6月10日(金)に、JR土浦駅ビル・プレイアトレ3階に開校する。
  6. 高品質な住まいを提供するトヨタホーム茨城が、つくばハウジングパーク内にあるつくば展示場をリニューアルオープンした。
  7. つくば市のダスキンつくば南支店では、家事代行やハウスクリーニングのほか、これからの季節は「シロアリ駆除」にも力を入れている。
  8. ブラックボードに描かれた鮮やかな色彩の「チョークアート」は、1990年代にオーストラリアのアーティスト、モニーク・キャノンが考案した現代アートです。
  9. 羽毛布団のリフォームが好評を得ている「ふとんのマスダ」では、ダニが発生しやすい衣替えのこの時期にリフォームを勧めている。
  10. スーパースカルプ発毛センターつくば店では、「春のお試し発毛体験コース」を31日(火)まで6600円(80~100分・予約制)で実施している。
Ads by Google

注目の記事

最新の特集

PAGE TOP