常陽リビング
印刷表示
Joyoliving News : 2022年05月10日掲載

「肥満改善食事教室」

やせたい50歳~74歳の肥満男女募集

提供する大豆ミートはひき肉のように調理でき、肉のような味わい
提供する大豆ミートはひき肉のように調理でき、肉のような味わい

血管の老化予防など循環機能の研究に取り組む筑波大学スポーツ医学前田・小﨑研究室では、中高齢肥満者対象の「植物性タンパク質に着目した肥満改善食事教室」を6月中旬ごろから実施する。参加費・検査費無料。

同研究室では、心血管疾患を引き起こす肥満改善のための食事改善(特に植物性食品の摂取)が循環機能に及ぼす影響を研究している。今回の教室では「通常群(摂取エネルギーを抑えたバランスの良い食事)」と「植物性群(通常群の食事内容に加え、植物性タンパク質を多く摂取する)」に分けて効果を調査する。植物性群には教室期間中に、通常群には終了後に植物肉(大豆ミート)を提供。なお、通常群と植物性群は選べない。

食事教室は7月~9月の3カ月間、週1回(土曜または日曜の午後、1時間程度)オンラインで実施し、食事指導や参加者同士のディスカッションを予定。教室の前後に3回程度筑波大学(総合研究棟D)に来学し、体組成や循環機能検査、採血、蓄尿検査を実施する。参加条件は以下の通り。

▽50歳以上75歳未満でBMI(体重kg÷身長m÷身長m)25~40の男女▽女性は閉経後1年以上経過▽大豆アレルギーがない▽動物性食品を摂取できる▽メールなど基本的なPC操作が可能でオンライン教室に参加できる▽研究内容に同意できる人。定員50人。

希望者は氏名、年齢、身長、体重を明記してメールで送るか電話で申し込む(応募者多数の場合抽選)。メール(下記)

■ 申し込み・問い合わせ
029(853)5990/同研究室・吉岡さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2022-05-10 09:00:48 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-05-23更新 ]
  1. 1933(昭和8)年に建てられた龍ケ崎市の旧高松邸石蔵で、5月22日(日)まで「シルクロードウイグル伝統工芸品展」が開かれている。
  2. かすみがうら市歴史博物館で5月22日(日)まで、企画展「霞ヶ浦の鯉文化」が開かれている。
  3. 茨城県陶芸美術館では、令和3年度に新しく収蔵した作品を展示する「新収蔵品展」を5月18日(水)〜9月25日(日)まで開催する。
  4. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院では、つくば市で初めて認可された室内納骨堂「涅槃堂永代納骨壇」の受け付けをしている。
  5. 国内外で活躍するギタリスト木村大がプロデュースする 「木村大ミュージックラボ(通称:キムラボ)」が6月10日(金)に、JR土浦駅ビル・プレイアトレ3階に開校する。
  6. 高品質な住まいを提供するトヨタホーム茨城が、つくばハウジングパーク内にあるつくば展示場をリニューアルオープンした。
  7. つくば市のダスキンつくば南支店では、家事代行やハウスクリーニングのほか、これからの季節は「シロアリ駆除」にも力を入れている。
  8. ブラックボードに描かれた鮮やかな色彩の「チョークアート」は、1990年代にオーストラリアのアーティスト、モニーク・キャノンが考案した現代アートです。
  9. 羽毛布団のリフォームが好評を得ている「ふとんのマスダ」では、ダニが発生しやすい衣替えのこの時期にリフォームを勧めている。
  10. スーパースカルプ発毛センターつくば店では、「春のお試し発毛体験コース」を31日(火)まで6600円(80~100分・予約制)で実施している。
Ads by Google

注目の記事

オンラインショップ リビーマルシェ

最新の特集

PAGE TOP