常陽リビング
地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2022年01月19日掲載

桜井貞子と紙布展

1月19日から 茨城県陶芸美術館で開催

水戸市在住の紙布(しふ)作家・桜井貞子さん(92)の作品展「桜井貞子と紙布展」が県陶芸美術館で、1月19日(水)から5月15日(日)まで開催される。観覧料=一般320円、70歳以上160円、高大生260円、小中生160円。

桜井さんは1977年から紙布の作成を開始。日本伝統工芸展を中心に個展やグループ展も多数開催。90歳を過ぎてなお紙布の可能性を追求した新たな挑戦を続けている。

武士の内職として山陰や東北地方など木綿が貴重な地域で発展した紙布は、木綿の代わりに和紙による糸(紙糸)を織り込むことで作られる織物。通常は経糸(たていと)に絹や綿、麻糸を用い、紙糸は緯糸(よこいと)に使用。経糸の素材ごとに絹紙布(きぬじふ)や綿(わた)紙布、麻紙布があるが、経緯糸ともに紙糸を使う諸(もろ)紙布は特に細い紙糸を作る高い技術が必要。県内で制作される西ノ内和紙や新潟、山形で生産された厳選した和紙に、桜井さんの技術があってこその作品が多数展示。月曜休館。

■ 問い合わせ
0296(70)0011 / 茨城県陶芸美術館(笠間市笠間2345)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2022-01-19 08:15:02 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-05-23更新 ]
  1. 1933(昭和8)年に建てられた龍ケ崎市の旧高松邸石蔵で、5月22日(日)まで「シルクロードウイグル伝統工芸品展」が開かれている。
  2. かすみがうら市歴史博物館で5月22日(日)まで、企画展「霞ヶ浦の鯉文化」が開かれている。
  3. 茨城県陶芸美術館では、令和3年度に新しく収蔵した作品を展示する「新収蔵品展」を5月18日(水)〜9月25日(日)まで開催する。
  4. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院では、つくば市で初めて認可された室内納骨堂「涅槃堂永代納骨壇」の受け付けをしている。
  5. 国内外で活躍するギタリスト木村大がプロデュースする 「木村大ミュージックラボ(通称:キムラボ)」が6月10日(金)に、JR土浦駅ビル・プレイアトレ3階に開校する。
  6. 高品質な住まいを提供するトヨタホーム茨城が、つくばハウジングパーク内にあるつくば展示場をリニューアルオープンした。
  7. つくば市のダスキンつくば南支店では、家事代行やハウスクリーニングのほか、これからの季節は「シロアリ駆除」にも力を入れている。
  8. ブラックボードに描かれた鮮やかな色彩の「チョークアート」は、1990年代にオーストラリアのアーティスト、モニーク・キャノンが考案した現代アートです。
  9. 羽毛布団のリフォームが好評を得ている「ふとんのマスダ」では、ダニが発生しやすい衣替えのこの時期にリフォームを勧めている。
  10. スーパースカルプ発毛センターつくば店では、「春のお試し発毛体験コース」を31日(火)まで6600円(80~100分・予約制)で実施している。
Ads by Google

注目の記事

オンラインショップ リビーマルシェ

最新の特集

PAGE TOP