常陽リビング
地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2021年12月02日掲載

純米大吟醸「霧筑波」 全国新酒鑑評会で金賞受賞

記念酒600本限定発売

受賞記念酒「霧筑波」とトロフィーを手にする杜氏の浦里さん
受賞記念酒「霧筑波」とトロフィーを手にする杜氏の浦里さん

つくば市で日本酒醸造を営む浦里酒造店(浦里浩司代表)の清酒、霧筑波が「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞。このほど出品酒と同タンクの瓶囲い分約600本を受賞記念酒として限定発売する。

浦里酒造店は茨城生まれの小川酵母のみを使った酒造りを続けている数少ない蔵の一つ。同鑑評会の出品酒は、兵庫県産の山田錦を小川酵母で醸した純米大吟醸で、出品数821点の中から金賞を受賞。

「こだわりの小川酵母だけで醸す酒造りはトレンドではない酒質。厳しい環境だったが流行りの香り系とは一線を画する味わいが評価された」と杜氏の浦里知可良さん(30)。

2021年は、11月に開催された「茨城県清酒鑑評会(純米吟醸酒の部)」で首席(1位)を受賞したほか、新潟や長野、栃木、埼玉、福島、茨城の158蔵が参加した「第92回関東信越国税局酒類鑑評会」でも特別賞(2位)に輝いた。

「近年は茨城の酒蔵の入賞率がトップを占め、酒造りのレベルが向上。受賞記念酒は小川酵母の特徴であるバナナやメロンを思わせる上品な吟醸香と酸のない優しい味わいです」と浦里さん。

純米大吟醸「霧筑波」受賞記念酒は5500円(税込、720ml)。 

■ 問い合わせ
029(865)0032/浦里酒造店

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2021-12-02 08:45:48 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-01-20更新 ]
  1. 水戸市在住の紙布(しふ)作家・桜井貞子さん(92)の作品展「桜井貞子と紙布展」が県陶芸美術館で、1月19日(水)から5月15日(日)まで開催される。
  2. 阿見町では、同町産の食用米を使った地酒「桜翔」の一般販売に向けて、このほど醸造を手掛ける浦里酒造店(つくば市)で酒蔵見学会が行われた。
  3. 家づくりに役立つ情報を学ぶ「家づくりゼミ」が、2月11日(祝)と12日(土)にABCハウジング土浦住宅公園で開かれる。
  4. 牛久市と山梨県甲州市が「日本ワイン140年史〜国産ブドウで醸造する和文化の結晶〜」で日本遺産に認定されたことを受け、2月5日(土)〜6日(日)牛久シャトーで日本遺産フェスタが行われる。
  5. 坂東郷土館ミューズの天体観望会で20年以上講師を務める細谷正夫さんが撮影した宇宙(そら)と大地がテーマの「ネイチャーフォト展」が2月13日(日)まで、同館で開かれている。
  6. 地元密着ビルダー不二建設では、「新築&リフォームフェア」を1月22日(土)と23日(日)に龍ケ崎市の本社ショールームで開催する。午前10時~午後4時。要予約。
  7. スーパースカルプ発毛センターつくば店では、「冬のお試し発毛体験コース(80〜100分)」を1月31日(月)まで6600円(予約制)で実施している。
  8. どんど焼きは、門松やしめ縄、お守りなどを竹で組んだやぐらに積み上げて燃やす小正月の伝統行事。諸説あるが、五穀豊穣や無病息災を願って1月15日頃に各地で行われる。
  9. つくば文化振興財団では、1月22日(土)につくばカピオで人形劇「はこ/BOXES じいちゃんのオルゴール♪」を開催する。
  10. ログハウスをはじめ個性的な木の家を提案するBESSつくばの展示場がつくば市島名に移転し、1月15日(土)にオープンする。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP