Joyoliving News : 2021年11月26日掲載

「とっておき」、ずらり。

リビング寫眞館〈第13弾〉へ、ようこそ。

今年最後の紙上写真館「リビング寫眞館」の今回のテーマは“小さい秋見つけた”。秋の風情を感じる力作が読者から寄せられました。どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
※撮影場所など掲載写真に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、予めご了承ください。

「残照」
「残照」
晩秋の太陽が沈む頃、何気なく禅寺へ足を運んだ時に素晴らしい光景に出合いました。
胸の鼓動を抑えながらカメラに収めた奇跡の一枚です。

つくば市 稲葉清美(76)

「収穫の道」
「収穫の道」
  
土浦市 斉藤憲弘(62)

「黄金の落実」
「黄金の落実」
熟した落実を見ていたら無性に愛らしくなり、広角レンズで最接近してみました。

土浦市 丸森勝造(75)

「アサギマダラがやってきた」
「アサギマダラがやってきた」
ミュージアムパーク茨城県自然博物館が野外フィールドの花の谷に復活させたフジバカマの群生。
アサギマダラが海を渡って南へ帰る途中でやってきてくれました。

坂東市 長谷川嘉一(73)

「秋の出会い」
「秋の出会い」
桜川市の五所駒瀧神社に行きました。
特に秋の景色が素晴らしいこの場所はカメラを始めていなければ出合えなかったかもしれません。感謝です。

かすみがうら市 田中妙子(42)

募集要項


リビング寫眞館に写真を掲載してみませんか。
テーマは「冬景色」。一眼レフやミラーレス、スマホなど撮影機種は不問です!
風景だけじゃなく冬を感じる一枚をお寄せください。


募集要項詳細

  • デジタルカメラやスマートフォン等携帯電話のカメラ機能で撮影したもの(ファイルサイズ1MB 、350dpi以上)
  • 1人3点まで
  • 撮影日時:不問
  • 撮影場所:不問(茨城県内推奨)
  • 応募者本人が撮影した未発表・未発売作品に限ります
  • 加工・合成等の修正を加えた作品は不可とします
  • プリントは写真用紙に印刷したものに限ります
  • 応募作品は返却しません

  • ※応募作品に関する著作権は応募者(撮影者)に帰属するものといたします。第三者の肖像やプライバシー及び著作物、パブリシティ権を含む応募作品に関しては、常陽リビング紙面掲載への応募及び常陽リビング社による使用について、事前の使用許諾・承認を受けたうえでご応募ください。応募作品が著作権その他の権利を侵害し法律上の問題が発生した場合は常陽リビング社はその責任を負いません。
    ※応募者と連絡がとれなくなった場合は、応募を無効とさせていただきます。
    ※紙面掲載作品の使用権は常陽リビング社に帰属することとし、ホームページ等に使用する場合があります。
    ※応募者多数の場合は選考となります。

    【郵送】(プリント同封)
    送り先/〒300-0832 土浦市桜ケ丘町7-10 常陽リビング「リビング写真館」係
    【メール】(画像添付)
    アドレス/ oubo[at]joyoliving.co.jp ※[at]は@に置き換えてください
    ※件名を「リビング写真館」としてください。

    いずれも住所、氏名(紙面掲載不可の場合はペンネーム可)、年齢、職業、電話番号、 作品の「タイトル」および「コメント」(120文字以内)を書き添えてご応募ください。 お待ちしています!


    応募締め切り▼2022年1月19日(水)必着

    Ads by Google

    オンラインショップ リビーマルシェ

    最新の特集

    PAGE TOP