印刷表示
Joyoliving News : 2021年10月12日掲載

企画展「好古家・長谷川愛石」

かすみがうら市で開催中

会場の様子
会場の様子

茨城県内各地の遺跡を踏査し、大正から昭和初期にかけて土器や石器を集めたかすみがうら市の郷土史研究家、長谷川愛石(1868〜1942年)を紹介する企画展が10月17日(日)まで、かすみがうら市歴史博物館で開かれている。

土浦市生まれ。本名は辰之助だが石器を愛するがゆえに後に「愛石」と称した。25歳で志筑村(現かすみがうら市)の長谷川家に養子に。県内各地の遺跡を訪ね歩き、表面採集によってさまざまな考古資料を集めた。収集にとどまらず採集場所や考察などを記した著書を多く遺し、それらは後の考古学研究に大きく貢献。晩年は志筑村の村長を務めるなど村政にも関わった。

同館学芸員の大久保隆史さんは、「愛石が村長の時代は世界恐慌と同じ時期。そうした苦しい時代に人々から信頼を集め村の長を務めた背景には、石器などの道具を通して先人たちが生きた証に目を向けてきた愛石独自の郷土愛があったのだと思います」と話す。

本展は、辰之助が研究者「愛石」として活動に至るまでの経緯や郷土に尽力していく姿とともに同市ゆかりの郷土史研究家についても紹介する。

午前9時〜午後4時半。月曜休館(祝日の場合は翌日)。入館料/一般220円、小中学生110円。

■ 問い合わせ
029(896)0017/かすみがうら市歴史博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2021-10-12 09:00:22 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-10-18更新 ]
  1. 県産熟成和栗にこだわる本格栗菓子専門店「栗糸(くりと)」が、このほど西友ひたち野うしく店にオープンした。
  2. 美しい器やかわいいキャラクター、芸術家が情熱を注いだ作品などさまざまなアートに触れて芸術の秋を堪能してみませんか。
  3. 大人のフルーツサンド専門店「オトフル」つくば店が10月9日(土)、つくば市松代にオープンした。
  4. マネーセミナー「FPの日(R)FPフォーラム2021&金融広報委員会講演会in茨城」が10月23日(土)つくば国際会議場で開かれる。
  5. ホテル日航つくばでは、聖夜を彩るクリスマス限定アイテムの予約を開始した。
  6. 在日ジョージア臨時代理大使のティムラズ・レジャバさんを講師に迎える「つくば人間学講座」が、11月13日(土)つくばカピオホールとオンラインで開かれる。
  7. 稲敷市福田の「お片付けカンパニー」では、遺品整理や引っ越し時ほか、ゴミ屋敷などの不用品や粗大ゴミを丸ごと回収する「詰め放題プラン」が好評を得ている。
  8. 冠婚葬祭を中心にあらゆるギフト商品がそろう「ギフトセンターTSUKAMOTO」が、このほどカスミフードスクエア美浦店敷地内にオープンした。
  9. 龍ケ崎市内の小中学校を卒業した元横綱・稀勢の里の荒磯親方(35)にこのほど、龍ケ崎市市民栄誉賞が贈られた。
  10. 城の名前やゆかりある城主の家紋、印を半紙や和紙に押した「御城印(ごじょういん)」は、お城や城跡で発行している登城証明書のようなもので近年人気が高まっている。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP