地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2021年07月30日掲載

「美浦村週末カフェ」

美浦村初の地域おこし協力隊〜特産品やキッチンカーも登場

村川さん夫妻
村川さん夫妻

都内から美浦村に移住し、2021年6月に同村初の「地域おこし協力隊」に着任した村川勇介さん(44)と栄子さん(45)がこのほど、つくば霞ケ浦りんりんロードに隣接する鹿島海軍航空隊車庫跡地で「美浦村週末カフェ」を始めた。

「年々サイクリストが増えていますが、通過するだけでなくここで土地のものを味わい景色を眺めて美浦村の魅力を知ってもらいたい」と勇介さん。

土日の朝7時にオープンし、美浦産コシヒカリを使った「TKG(豆腐かけごはん)」や米麹甘酒ドリンク、シフォンケーキなど地場特産品を使った商品を提供するほか、県ケータリングカー協同組合の協力を得てキッチンカー2、3台も出店。スタートから2カ月、美浦村の新たなにぎわいの場として注目を集めている。

村職員は「村有地になって動きがなかった場所に新たな風が吹き始めた。ここを拠点に多くの人が美浦村を訪ねるきっかけになれば」と期待を寄せる。

「地域おこし協力隊」は、都市部から地方に移住し地場産品の開発や販売、PRなど地域協力活動を通して定住・定着を図る取り組み。

バス釣りのプロとして20年以上霞ケ浦に通っていた勇介さんは、10年前から取り組んでいる村内の大山スロープの清掃活動を通して地元住民と交流を深め、「長年お世話になってきた土地へ恩返しがしたい」と地域おこし協力隊に手を挙げた。

「想像以上に(週末限定カフェに)立ち寄ってくれる人が多い。ぜひ県南地域の人たちにも利用してもらいたい」と話している。

オープンは土日祝の午前7時〜午後4時(ただし8月14日、15日は休み)。雨天休業。釣り体験なども実施。詳細はホームページ(https://mihoweekendcafe.com/)で。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2021-07-30 09:00:51 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-09-19更新 ]
  1. 有田焼や信楽焼、美濃焼など有名産地の焼き物を集めた「第21回牛久全国大陶器市」が、9月26日(日)まで牛久市の牛久大仏特設会場で開かれている。午前10時〜午後5時半(26日4時終了予定)。入場無料。
  2. 阿見町岡崎のブーランジェリー「コクスィネル」がこのほど、サンドイッチが主役の店にリニューアルした。
  3. 「こだわりラーメン・ゆきむら亭」などを運営する雪村の餃子無人直売所が人気を博している。
  4. 現在臨時休館中の水戸芸術館は、コロナ禍で外出自粛が求められる中、心の安らぎや喜びを届けようとオーディオドラマや過去のコンサート映像などが視聴できる「おうちで楽しむ水戸芸術館」の無料配信を行っている。
  5. 1930年から15年間続いた予科練はパイロットを養成するための教育機関。全国から約24万人が入隊し、うち約2万4千人が予科練を卒業して実戦部隊へと進み、約8割の約1万9千人が戦死した。
  6. JAつくば市の「新米特売」が、桜、筑波、四季の郷の各直売所と茎崎グリーンショップで開催される。
  7. 土浦の寿司・日本料理「かね喜本店」では、秋限定のランチ各種を提供している。
  8. 「サークルが中止になり親しい仲間と交流できない」「離れて暮らす家族に会えない」長引くコロナ禍で対面や移動が制限され、インターネットを通した交流が盛んに行われる一方、そこに高い壁を感じている高齢者の社会的孤立が深刻さを増している。そうした流れを食い止めようとつくば市の市民団体「UDワーク」では、2020年5月からシニア向けにオンライン交流の支援を始めた。
  9. 「新品家具の安売り王」で知られる三越家具(水戸市)では、オータムフェアを開催している。
  10. 旧筑波町長やつくば市教育長を務めた歴史研究者・井坂敦実さんを講師に迎える「つくば人間学講座」が、10月2日(土)つくばカピオホールで開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP