常陽リビング
印刷表示
Joyoliving News : 2021年04月01日掲載

「新魂宮」竣工記念 春季神御衣祭

つくば、六所皇大神宮霊跡地で 4月11日

祝詞奏上の様子
祝詞奏上の様子

天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣(かんみそ)祭が、4月11日(日)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。

イザナギノミコトとイザナミノミコトを祭神とする筑波山神社の里の宮として建立されたという同神社。かつて天照大神の御神像に冬の袷(あわせ)から夏の単衣(ひとえ)へ更衣を行う神事「神御衣祭」が行われていたが、同神社は明治42年「小社合祀」などが明治政府の政策で廃社となり、近隣の蚕影神社に合祀され跡地は荒廃した。しかし大正5年、御神像を託された東京の宗教法人「?照(おうしょう)修徳会」が都内で神事を復活。以降、地元住民らの協力も得て約100年にわたり霊跡地の整備・保全に努めてきた。

当日は反物を奉納し御神像のお着せ替えを行う神御衣祭の神事を、例年の六所大祭と併せて行う。「荒御魂(あらみたま)をお祀りする、心の宮としての新魂宮(あらたまのみや)が完成しました。疫病退散も併せて祈願します。感染症対策をしながら開催します」と?照修徳会の青木さん。

■問い合わせ 029(835)3952/青木さん

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2021-04-01 09:00:19 ]
最終更新 [ 2021-04-05 09:06:19 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-01-20更新 ]
  1. 水戸市在住の紙布(しふ)作家・桜井貞子さん(92)の作品展「桜井貞子と紙布展」が県陶芸美術館で、1月19日(水)から5月15日(日)まで開催される。
  2. 阿見町では、同町産の食用米を使った地酒「桜翔」の一般販売に向けて、このほど醸造を手掛ける浦里酒造店(つくば市)で酒蔵見学会が行われた。
  3. 家づくりに役立つ情報を学ぶ「家づくりゼミ」が、2月11日(祝)と12日(土)にABCハウジング土浦住宅公園で開かれる。
  4. 坂東郷土館ミューズの天体観望会で20年以上講師を務める細谷正夫さんが撮影した宇宙(そら)と大地がテーマの「ネイチャーフォト展」が2月13日(日)まで、同館で開かれている。
  5. 地元密着ビルダー不二建設では、「新築&リフォームフェア」を1月22日(土)と23日(日)に龍ケ崎市の本社ショールームで開催する。午前10時~午後4時。要予約。
  6. 牛久市と山梨県甲州市が「日本ワイン140年史〜国産ブドウで醸造する和文化の結晶〜」で日本遺産に認定されたことを受け、2月5日(土)〜6日(日)牛久シャトーで日本遺産フェスタが行われる。
  7. スーパースカルプ発毛センターつくば店では、「冬のお試し発毛体験コース(80〜100分)」を1月31日(月)まで6600円(予約制)で実施している。
  8. どんど焼きは、門松やしめ縄、お守りなどを竹で組んだやぐらに積み上げて燃やす小正月の伝統行事。諸説あるが、五穀豊穣や無病息災を願って1月15日頃に各地で行われる。
  9. つくば文化振興財団では、1月22日(土)につくばカピオで人形劇「はこ/BOXES じいちゃんのオルゴール♪」を開催する。
  10. ログハウスをはじめ個性的な木の家を提案するBESSつくばの展示場がつくば市島名に移転し、1月15日(土)にオープンする。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP