茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2017年7月


2017年7月15日(土)


夏がトキメク、おやこ時間

夏がトキメク、おやこ時間

夏休みがやってきます。子どもと過ごす時間が多くなりますが、せっかくなので普段の生活をちょっとひと工夫。とっておきの親子時間を演出してみましょう。


2017年7月7日(金)


市民に支えられ、9日に初日
高安、思い出の通学路

高安、思い出の通学路

土浦市出身の大関・高安関が先月初旬、昇進後初めて故郷に錦を飾った。平成生まれ初の日本人大関となった高安関。幼き日に土浦小学校や土浦第一中学校へ通った登下校路沿いで、郷土出身力士を陰ながら支える人々の物語を追った。


2017年7月3日(月)


稀勢の里、地元で英気
「横綱の責任、全うする」

「横綱の責任、全うする」

大相撲夏場所を途中休場した横綱・稀勢の里関が、このほど牛久市内で開かれた激励会で元気な姿を見せ、全国から集まった約500人のファンが横綱の飾らない人柄を再認識した。初土俵から15年、初めて大ケガに見舞われた稀勢の里関は地元で英気を養い、「来場所は横綱の責任を全うしたい」と固く誓った。


2017年6月


2017年6月26日(月)


映画プロデューサー 城之内 景子さん
茨城の魅力度アップを支援

茨城の魅力度アップを支援

映画「天心」の松村克弥監督との出会いを機に、茨城ゆかりの映画で県の魅力を広く伝えたいとの思いを強くした城之内景子さんは、ボランティアで同監督作品の広報や資金集めに尽力。幼少から苦労して家族を支えた底力と明るさで市議を経験し、余生は郷土に貢献。「まずは県民に地域の歴史を知ってもらいたい」と寝る間を惜しんで奮闘する。


2017年6月19日(月)


つくばに一人出版社
家をせおって、歩くこと

家をせおって、歩くこと

全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。


2017年6月12日(月)


伊藤幾久造の未発表作品
かすみがうらで100点超発見

かすみがうらで100点超発見

2017年2月に常陽リビング紙1面で報じた「霞ケ浦の乙女、土浦で発見」の記事を受け、このほどかすみがうら市内の民家から伊藤幾久造の未発表作品が100点以上見つかった。地元の歴史博物館によると、発見された絵は幾久造自身が主宰した「頒布会」によるものだったことが判明。美術品としてだけでなく、「日本人の心意気」も伝えたとされる作品は、当時の暮らしぶりや霞ケ浦の自然と人を愛した画家の人物像を知る貴重な資料として注目を浴びている。


2017年6月5日(月)


体験踏まえ研究進める戸部浩美さん
怒りのコントロールで生き方が変わる

怒りのコントロールで生き方が変わる

4人の子育てをしながら英語塾を開いていた42歳の時、一念発起で県立医療大学に入学し看護・保健を学んだ戸部浩美さんは現在、東京大学大学院で主に子育て中の母親を対象にしたアンガーマネジメントなどを研究中。一生懸命ゆえに口にした言葉で子どもも自分も傷つき、夫への不満も募る—。そんな母親たちの声に耳を傾け、上手に気持ちの切り替えができる身近な場と人を増やしたいと研究を急ぐ。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 東日本大震災で被災し昨年再開した土浦市大岩田の水郷プールが、7月15日(土)にオープンする。
  2. つくば市春日にある「茶の木村園」では、日光三ツ星氷室の天然氷に希少糖シロップを掛けたかき氷が人気を呼んでいる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 大自然の恵みで家族を包み込む家
  2. 「木造ドミノで、暮らしを楽しむハコの家」
  3. 夏の掛軸展
  4. 楽しいうちわ作り&施設見学会
  5. 布団打ち直し&羽毛布団リフォームキャンペーン
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング