茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2019年8月


2019年8月19日(月)


つくば小田中部区「子授けのお不動様」修復
100年ぶり僧侶常駐「地域のために祈りたい」

100年ぶり僧侶常駐「地域のために祈りたい」

明治以降、僧侶不在で荒廃していたつくば市小田地区の寺に安置されている不動尊像がこのほど修復、今月末に開かれる万灯祭でお披露目される。数奇な縁を信じて約100年ぶりに寺を守ることになった僧侶は「よそ者を快く受け入れてくれた地域の皆さんに恩返ししたい」と奉仕を続け、このほどハレの日を迎える。


2019年8月5日(月)


海外でクワガタ採集を行う高校生 青木喜大さん
「まだ見ぬ新種に出合いたい」

「まだ見ぬ新種に出合いたい」

クワガタに心を奪われはや十数年ー。常総学院高校1年青木喜大さんは、自宅専用スペースで延べ数十種を飼育中。東南アジアに出向いて自ら採集に挑むのは「新種を見つけて名付けたい」という夢実現のため。止まぬ探究心をエネルギーに、今年の夏休みも一路海外へ向かう。


2019年7月


2019年7月29日(月)


「本業」生かし地域貢献
企業主導型保育所導入から3年

企業主導型保育所導入から3年

従業員の働き方に応じた保育サービスを提供する「企業主導型保育所」が、導入から3年を迎え県内に広がっている。待機児童解消に向けた企業の参入が進む一方で、専門家は「幼児期の教育と小学校の『接続』が大事」と話している。


2019年7月22日(月)


石岡・八郷の茶畑で紅茶作り
弥栄の山河、再び

弥栄の山河、再び

戦後、満州からの引き揚げ者が入植した石岡市八郷地区「中山開拓」の茶畑で、市民らが紅茶作りを楽しんでいる。その昔「乳と蜜の楽園」と喧伝された満州国に渡り、歴史に翻弄された一家が営んだ茶園の主「細野のおばあちゃん」の、激しくも可憐な半生を関係者の証言から振り返った。


2019年7月13日(土)


夏休み直前特別企画!
山派?海派?さて、どっち?

山派?海派?さて、どっち?

山と海両方のレジャーが楽しめる茨城県は、欲張りさんも大満足の観光地。多くの登山者が訪れる一方、海水浴場は13日から続々と海開きを迎えます。それぞれの魅力や忘れがたい思い出を、小学生から80代までの282人に緊急調査しました。


2019年7月8日(月)


小学校の外遊び「平日0日」7割超
子どもよ、外で遊ぼう

子どもよ、外で遊ぼう

小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。


2019年7月1日(月)


下妻市の柴 雄二さん
俺が作る「映え」弁当本、出版

俺が作る「映え」弁当本、出版

夫婦共働きで子育て真っ最中の会社員柴雄二さんが、このほど著書『俺の弁当。』を出版した。育休明けの妻を支えようと始めた弁当作りの原点は「生活の基本となる食」を大事にすること。今朝も眠い目をこすりながら、台所に立つ時間を楽しんでいる。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 千葉県柏市にある介護付き有料老人ホーム「サンシティ柏」での暮らしを垣間見る「無料昼食付きバス見学会」が、9月6日(金)同所で開かれる。
  2. 夏休み中の小中学生向けの催しが、8月18日(日)と24日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 中3生対象「部活動体験会・見学会」
  2. 土浦の花火弁当味見しませんか
  3. 100年ぶり僧侶常駐「地域のために祈りたい」
  4. 住宅設備メーカー6社勢ぞろい
  5. 不要な子ども服「回収します!」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング