常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2018年7月


2018年7月30日(月)


音楽と料理、「似てるよね」
つくば市出身の作曲家 小倉 良さん

つくば市出身の作曲家 小倉 良さん

松田聖子や高橋真梨子、BEGINなどのアーティストに数多くの楽曲を提供してきた音楽プロデューサーで作曲家の小倉良さんはつくば市出身。業界を裏方で支えながら育んだ人脈を生かして、昨年からは地元で音楽の身近な楽しさを知ってもらう催しを開催している。


2018年7月23日(月)


短時間預かりや交流部屋も
赤ちゃん連れで「ようこそ図書館」

赤ちゃん連れで「ようこそ図書館」

「館内ではお静かにー」。一昔前はこうした注意書きが多かった図書館の風景が徐々に変わりつつある。赤ちゃんや子連れでも周囲に気兼ねなくゆっくり本を選べ、短時間の託児サービスや親子で楽しめる講座など、育児に忙しい母親がリラックスできる街の図書館が各地に増えている。


2018年7月14日(土)


8月半ばから、県南8カ所で順次開催
光の芸術、伝統花火の世界

光の芸術、伝統花火の世界

門外不出の技術を村の祭礼に巧みに取り込んだ伝統的な花火が、今年も県南各所で行われる。夜の闇を切り裂く綱火、疫病払いの竜水、からくり人形を用いた仕掛け花火などの技術は、形を変え現在の花火大会に息づいている。8月半ばの「からかさ万灯」を皮切りに、今年も“熱い祭礼”のシーズンを迎える。


2018年7月9日(月)


多世代集える「ブックカフェ」人気
八郷地区つなぐ“地域の縁側”

八郷地区つなぐ“地域の縁側”

石岡市八郷地区にある古民家に月4回オープンするブックカフェが、世代間の垣根なく利用者を迎えている。若い移住者も増えている同地区の人々が気軽に集まり心地良く過ごせる場所で、地元住民が2年前から管理・運営。気兼ねなく立ち寄れて「なんとなく気にし合う、ゆるいつながりがつくれる」と注目を集めている。


2018年6月


2018年6月29日(金)


「新しい命」背中押したい
秋に絵本作家デビュー 小林由季さん

秋に絵本作家デビュー 小林由季さん

温かい色合いで見る人の心を和ませる作品を手掛けるイラストレーターの小林由季さんが今秋、絵本作家としてデビューする。産みの苦しみを乗り越えた初作品のテーマは「夢を持つこと、諦めないこと」。誰の心の中にもある「木の実」をめぐる物語は英訳版も発行され、多くの人の元へ旅立つ。


2018年6月25日(月)


指導者ら、将来見据え試行錯誤
県内の軟式野球スポ少、団員減少

県内の軟式野球スポ少、団員減少

県内の軟式野球スポーツ少年団の団員数が、ここ数年減少している。県体育協会によると、この6年間で約40チームが廃部に。親の共働きや少子化など社会構造の変化で地域に親しまれてきた「かつての少年野球像」が揺らぐ中、スポーツを通し子どもの将来を見守る指導者らの姿を追った。


2018年6月18日(月)


農作物の被害深刻
生活脅かすイノシシ被害

生活脅かすイノシシ被害

筑波山周辺でここ数年、イノシシなど「有害鳥獣」による被害が深刻化している。北条米で有名なつくば市の山麓地域では一昨年度の農作物被害が年間3千万円、八郷地区を有する石岡市内では9年前に比べ捕獲数が約18倍と激増。周辺自治体の情報交換や猟友会と市民の連携など、地域一体で問題に取り組む必要性が急務となっている。


2018年6月11日(月)


梅干し作りシーズン到来
わが家の味わい、十人十色

わが家の味わい、十人十色

食欲増進や疲労回復などに効果があるとされる「梅」。ご近所からのおすそ分けや店先にずらりと並んだ実を前に「今年こそ」と思い巡らせている人も多いのでは。2月の観梅に続き、今回は「食べる梅」をもっと楽しむ秘けつを探しに、まずは梅林に向かった。


2018年6月4日(月)


「自然美」を追求する油彩画家 小川浩さん
絵筆がくれる、定年後の彩り

絵筆がくれる、定年後の彩り

現役生活を終え日々キャンバスと向き合う守谷市在住の画家小川浩さん(66)の油彩画展が、6月2日(土)から守谷市民交流館モリヤガーレで開かれている。20年ほど前から本格的に創作を始め、長い冬に堪えようやく春の芽吹きに向かう早春の山林や湿地、満開の桜など「日本特有の自然美」を描き続けている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  2. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 安産祈願や子授け「小田のお不動様」
  2. 「災害に強い家」見学会
  3. 「小川芋銭の世界」展
  4. 「きこえと認知症」講演会
  5. 深作農園のイチゴ狩り
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング