常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2018年2月


2018年2月26日(月)


脳損傷友の会
傾聴で分かち合い、悩み共有

傾聴で分かち合い、悩み共有

病気や交通事故などが原因で、言語障害のほか注意力や思考力低下などの障害が起きる高次脳機能障害。軽度の打撲などでも記憶障害や感情のコントロールができなくなるなどの後遺症が残る場合もあり、本人も家族も違和感を覚えながら日常生活を送っているケースもある。つくば市内の病院内で毎月1回開かれている同障害の交流室では患者本人やその家族の悩みを共有。情報交換できる「駆け込み寺」として注目を集めている。


2018年2月19日(月)


本紙記者が体験
筑波山梅林、歩いてみた

筑波山梅林、歩いてみた

古くは万葉集に詠まれるなど日本人に親しまれ、「春告草」とも呼ばれる梅。多くの来場者を集める茨城の二大梅まつりが、今年も筑波山と偕楽園で開幕した。そろそろつぼみが開きそうな2月初旬、筑波山梅林を観光ボランティアと散歩。5回目の訪問だが、新しい発見や楽しみ方を教わった。


2018年2月10日(土)


食事支援も、「思いやりの連鎖」つなぐ
つくば 生活困窮世帯向け学習会、利用者急増

つくば 生活困窮世帯向け学習会、利用者急増

2017年、厚生労働省が発表した国民生活基礎調査によると、子どもの貧困率は2015年時点で13.9%(7人に1人)。こうした現状を改善しようと、つくば市内でも生活困窮世帯の子どもたちを対象とした無料の学習会が開かれている。思いやりの連鎖で次世代を担う子どもたちに「学ぶ楽しさ」を伝える現場を取材した。


2018年2月5日(月)


ヒョウタン愛好家 清水忠晃さん
あでやか、「ヒョウタンびな」で世代超え

あでやか、「ヒョウタンびな」で世代超え

街中をあでやかに彩る「守谷ひなまつり」を前に、同市在住のヒョウタン愛好家清水忠晃さんのひな人形制作が大詰めを迎えている。アクリル絵の具で繊細な模様を描く作品は毎年注目の的。自宅には自作や買い求めたものも合わせて数千個が並ぶほどヒョウタンのとりこだが、目指すのは自身の腕を上げることだけではない。ヒョウタンのつるのように広がった趣味の仲間が、現役引退後の生活にささやかな彩りを添えている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 守谷市の「和の文化教室」では、各専門の講師を招いた多彩な伝統文化講座を開催している。
  2. 龍ケ崎市若柴町の金龍寺に伝わる国指定重要文化財「絹本著色十六羅漢像」の複製4幅が、5月12日(土)〜27日(日)まで同市歴史民俗資料館で展示されている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月末まで、入会キャンペーン
  2. 5月23日〜29日、筑波銀行OBによる「美術展」
  3. 5月24日から「はぎれ市」
  4. フラワーパークでバラまつり
  5. 5月20日、開業25周年記念同窓会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング