茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2018年11月


2018年11月26日(月)


12月28日まで、土浦で小林じんこ展
風呂上がりの夜空に×街場のアーティスト

風呂上がりの夜空に×街場のアーティスト

34年前に出版され、いまだ根強いファンを持つ漫画『風呂上がりの夜空に』の作者小林じんこさんの個展が、12月末まで市内各所で開かれている。土浦ゆかりの芸術家らも巻き込み街中が会場となった初の試みで、週末ともなると全国からファンが続々と詰め掛けている。


2018年11月19日(月)


つくばで野球塾主宰 森田 丈武 さん
夢をつかんで、手渡して

夢をつかんで、手渡して

プロ野球のドラフト会議が終わりフレッシュな新戦力や選手の去就に注目が集まる中、つくば市内では元選手による子どもたち相手の小さな野球塾が開かれている。主宰するのは元東北楽天ゴールデンイーグルス内野手の森田丈武さん。プロ生活では華々しい成績は残せなかったものの、子どもたちの「できた」の笑顔を糧に白球を追う小さな夢を支えている。


2018年11月12日(月)


市役所に大学…シニアの憩いの場に
「コーヒー一杯」から街へ出よう

「コーヒー一杯」から街へ出よう

市役所や大学のキャンパスなど、これまで関係者以外は立ち寄ることの少なかった場所が交流空間として生まれ変わり、シニア層を中心に人気を集めている。つくば市内の私立大学では移転した老舗レストランが運営する食堂が一般開放され、常総市役所の一角では月2回の市民カフェが開設。目的外でも集える場として街のランドマークが活用されている。


2018年11月5日(月)


母親らの“本活”5年目
「子どもたちに、一冊でも多く」

「子どもたちに、一冊でも多く」

一冊でも多くの本を子どもたちに届けたい―。母親らの一途な思いで始まったつくば市立春日学園義務教育学校の図書ボランティア活動が5年目を迎え、児童・生徒らに好評を得ている。低学年への読み聞かせから始まった活動はブックトークや独自の選書による学級文庫にまで広がりを見せ、他校の保護者らにも影響を与えている。


2018年10月


2018年10月26日(金)


アンプティサッカーW杯日本代表に初選出 秋葉 海人さん
ボール追える喜び胸に

ボール追える喜び胸に

10月27日に開幕する「ワールドカップアンプティサッカー」のメキシコ大会に、県立石下紫峰高校1年の秋葉海人さんが日本代表として初出場する。幼い頃の交通事故で右足首から下を失い、一度は諦めたサッカーへの夢。「応援してくれる家族や仲間に感謝し、代表で学んだことを自分の糧に」と世界の舞台に飛び出す。


2018年10月22日(月)


つくばユナイテッドSun GAIA 都澤 みどりさん
母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中

母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中

11月10日(土)に開幕するバレーボール男子V2リーグつくばユナイテッドSunGAIAを率いる都澤みどりさんは、リーグ唯一の女性監督。チームの礎を築き、志半ばで他界した父からチームを引き継いで約3年。理事長として監督として、そして一児の母としての責任を胸にチームもわが子も育てている真っ最中。亡き父が理想としたチームを目指し、日々奮闘している。


2018年10月12日(金)


世界湖沼会議を前に電子書籍化
再読、『霞ヶ浦風土記』

再読、『霞ヶ浦風土記』

「人と湖沼の共生」について考える世界湖沼会議が10月15日(月)から本県で開かれるのを前に、かつて霞ケ浦沿岸で営まれていた人々の暮らしを記録した一冊の本が、このほど電子書籍化された。土浦市の開業医佐賀純一さん(77)が24年前に著した『霞ヶ浦風土記—風と波に生きた人々』で、時代を超えた「ありのままの“カワ”の姿」に再び光が当てられることになった。


2018年10月6日(土)


つくば市出身のジャズピアニスト 根木マリサさん
Swingしなけりゃ、私じゃない

Swingしなけりゃ、私じゃない

子育て中の母親が、わが子と一緒に音楽を楽しめる演奏会「つくばママコン」が、10月16日(火)つくば市ノバホールで開かれる。企画したのはつくば市出身のピアニスト根木マリサさん。育児中でも路上やカフェなど、街の至る場所で音楽が楽しめるライフスタイルを提供しようと企画したコンサートは、今回で30回を超えた。


2018年10月1日(月)


「特別な日」を下支え
清掃ボランティアが定着

清掃ボランティアが定着

大勢の来場者が集う催しや祭りには後片付けがつきもの。事務局側の呼び掛けや個人・会社の善意のつながりなど参加のきっかけはそれぞれながら、街中が華やぎ、活気づく特別な日を「拾う」行動で側面から支える清掃ボランティアの存在が定着している。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
  2. 人気お笑い番組の企画「運動神経悪い芸人」で一躍脚光を浴びたお笑いコンビ「フルーツポンチ」のボケ担当・村上健志さん。自意識過剰で面倒くさい青春時代を糧に芸を磨き、最近では俳句や短歌に活躍の幅を広げる村上さんに恋愛観や文学、真の「格好良さ」について聞いた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 茨城県おしごと相談会
  2. 桂住宅建設が完成見学会
  3. 「木のひらや見学会」
  4. メゾネット賃貸完成見学会
  5. 確定申告・ライフプランセミナー
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング