茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2017年8月


2017年8月28日(月)


美浦村で多世代交流、「人育て」の場
みほちゃん広場、2年目

みほちゃん広場、2年目

地域住民による学習支援、手作りの昼食、絵手紙制作や郷土かるた遊びなどの体験クラブ—。美浦村で昨年から始まった夏休み子ども応援プロジェクト「みほちゃん広場」が去る24日、2年目の全日程を終えた。ボランティアの育成・連携と多世代交流を促す取り組みは、人口減少が課題の村に思わぬ波及効果をもたらしている。


2017年8月21日(月)


筑波大助教 渡辺 知恵美さん
ママ向けプログラミング教室開講

ママ向けプログラミング教室開講

IT人材不足などを背景に、2020年からプログラミング教育が小学校で必修化される。担任教諭の負担増や技術不足が懸念される中、早くも都内を中心に民間の同教室が急増。子どもたちの興味は膨らむ一方だが、「家で教えてと言われたらどうしよう」と、不安を募らせる親たち。そこで、筑波大学大学院システム情報工学研究科助教の渡辺知恵美さんが、お母さん向けプログラミング教室をスタートさせた。


2017年8月7日(月)


茨城県内山の事故6月までに15件、筑波山でも最多7件
低い山でも生命の危険

低い山でも生命の危険

8月11日は山に親しみ、山の恩恵に感謝する「山の日」。夏山シーズンに合わせた登山客も増える一方、県内の身近な山での死亡事故も報告されている。県警では「登山届や家族への連絡は決して怠らないでほしい」と呼び掛けている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 築地直送のネタが自慢
  2. 和牛ステーキひたちオープン
  3. 飲食など期間限定で最大7店
  4. 牛久駅前イルミで街に輝き
  5. カフェで焼き芋を!
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング