茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2017年3月


2017年3月31日(金)


茨城舞台の連続テレビ小説
ひよっこ、4月3日から放送開始

ひよっこ、4月3日から放送開始

茨城県が舞台のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」が、4月3日(月)からスタートする。日本の高度経済成長を支えた地方出身の名もなき「金の卵」であるヒロインに特別な能力や壮大な夢はないが、脚本の岡田惠和さんは「自らの殻を破って成長するヒロインたちと、半年間一緒に笑って泣いてほしい」と話す。


2017年3月27日(月)


NPO法人Babyぽけっと
すべての子どもを幸せに

すべての子どもを幸せに

予期せぬ妊娠などで生まれた赤ちゃんを実子に恵まれない夫婦に縁組みし、双方の幸せづくりを支援するNPO法人Babyぽけっとでは毎年6月に養親と子の集いを実施。全国から参加する数百組の親子は血のつながりを超えた家族の絆で結ばれ、ごく普通の幸せを育んでいる。NPOでは、そうした親子に長く寄り添いながら、日々誕生する新しい命と向き合っている。


2017年3月18日(土)


88歳の元テーラー大高さん
歩み遅くとも、理想は高く

歩み遅くとも、理想は高く

ハナッコ(花)やマメッコ(豆)、カチャラズなどの模様をつなげて作る津軽地方伝統の「こぎん刺し」の制作に打ち込む元テーラー・大高実さんの手仕事展が、3月22日(水)まで石岡市のまちかど情報センターで開かれている。戦中に始めた針仕事は、9年前に店の看板を降ろした今も大切なライフワーク。毎日こつこつと縫い進める文様には、静かに理想を追い求めた仕立て屋の人生が詰まっている。


2017年3月10日(金)


避難所運営の難しさや故郷を失った被災者の思い
ゲームやアニメで疑似体験

ゲームやアニメで疑似体験

次々と想定外の出来事が起きる「避難所運営」をスリリングなカードゲームで楽しんだり、原発事故により故郷を失った被災者の無念をアニメで知る―。東日本大震災から明日で6年を迎え、大震災の教訓をユニークな方法で“自分事”に学び直す取り組みに注目が集まっている。


2017年3月6日(月)


野良猫を“大学猫”に
学生と市民が保護・管理

学生と市民が保護・管理

筑波大学構内で増え続ける野良猫を緩やかに減らしていこうと、つくば市内の動物愛護NPOと学生サークルHS—CaTが保護・管理活動を行っている。宿舎周辺7カ所に小屋代わりのコンテナを設置し、NPOメンバーと学生が交代で餌と水やりを行うほか、猫の健康状態などを把握。去勢・不妊手術を施して繁殖を防ぎ、「捨て猫禁止」などチラシも作って学内外に呼びかけている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング