常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2017年1月


2017年1月30日(月)


音楽ユニット「日々かりめろ」2音源同時リリース
「15の夢」目指し、再び歩き出す

「15の夢」目指し、再び歩き出す

のびやかな歌声と多彩な作曲が魅力の「こずえ」こと高田梢枝さんと、パーカッション兼プロデューサー「きくP」こと菊池一俊さんのユニット「日々かりめろ」が、フルアルバム『かりめろな日々。』とマキシシングル『青春三部作』を2月5日(日)に発売する。一度はソロデビューした高田さんは、15歳の自分が憧れた等身大のアーティストに回帰しようとユニットとして再出発を決意。県内を中心に活動を広げている。


2017年1月23日(月)


土浦・添野 江実子さんが映画製作
閉ざされた父の9年を追って

閉ざされた父の9年を追って

亡き父が終戦後9年間もベトナムにとどまった残留日本兵の一人だと知った土浦市の添野江実子さんは、父の足跡を調べるうちに日本兵の葬り去られた史実を掘り起こし後世に伝えるべきではないかと映画製作を決意。友人や知人に声を掛けて製作委員会を発足し、資金援助を呼びかけて今秋の完成を目指している。タイトルは「私の父もそこにいた」。


2017年1月16日(月)


心臓移植で募金呼び掛け
難病の2歳児「ひろ君」助けて

難病の2歳児「ひろ君」助けて

心臓の血液循環機能が低下する「拡張型心筋症」を患う稲本啓君の海外での移植手術実現に向け、昨年末「ひろ君を救う会」が結成され支援の輪が広がっている。父親の創さんは3億1千万円を目標に、家族や支援者らと共に連日街頭で募金を呼び掛ける。


2017年1月7日(土)


石岡の中島楽々さん 地元と東京でイラスト展
「かわいい」だけじゃ物足りない

「かわいい」だけじゃ物足りない

何気ない日常の中で興味が湧いた日用品や身近な動植物などをキャラクター化し、独特の線画と色彩感覚で描く中島楽々さんが1月28日(土)〜31日(火)に地元のまちかど情報センターで、2月には東京で個展を開催する。「目にするものすべてに命がある」と話し、素直な感情を込めた絵から、日々成長する13歳のピュアな感性がはじける。


2017年1月4日(水)


古典の先にある新境地を拓く
三味線プレイヤー 上妻 宏光(あがつま・ひろみつ)さん

三味線プレイヤー 上妻 宏光(あがつま・ひろみつ)さん

津軽三味線の可能性と奥深さを世界に知らしめる三味線プレイヤー上妻宏光さんは日立市出身。6歳で三味線を習い始め、全国大会優勝を果たした15歳でプロの道を目指そうと上京。「やるだけやってダメならそれでいい」と独自に三味線の新たな演奏スタイルを開拓し、今ではさまざまな洋楽器との共演やコマーシャル、ドラマ・映画のテーマ音楽など幅広く活躍。合間を縫って二人の子と過ごす時間が、何よりの活力源だという。


2016年12月


2016年12月26日(月)


地域社会に根付くフードバンク
1月末まで「食品寄付」強化月間

1月末まで「食品寄付」強化月間

「もったいないをありがとうへ」を旗印に、5年前から生活困窮者へ食の支援を始めたNPO法人フードバンク茨城。地道な取り組みが功を奏し、支援の輪は行政や地域社会、地元企業に広がっている。同NPOでは2017年1月末まで大規模な食品寄付キャンペーンを行うが、一方で人手不足や慢性的な「需要と供給の不均衡」に悩まされている。


2016年12月19日(月)


来夏、生誕800年で市民有志ら銅像建立
救済の忍性、宝篋山にあり

救済の忍性、宝篋山にあり

鎌倉時代、つくば市小田の宝篋山(ほうきょうさん)中腹で病人の救済にあたった良観房忍性(りょうかんぼうにんしょう)の功績を後世に伝えようと、地元のNPOやボランティアが銅像の建設計画を進めている。設置は中腹に整備した「忍性記念・極楽寺公園」内を予定し、彫刻家の小張隆男さん(土浦市)が制作する。忍性生誕800年の来年夏の完成を目指し、現在資金援助を呼び掛けている。


2016年12月12日(月)


「六区」の礎築く 映画『浅草・筑波の喜久次郎』公開
「みっともねぇ」生き方許さず

「みっともねぇ」生き方許さず

かつて日本最大の娯楽街といわれた東京・浅草六区を築いた二人の男性は共につくば市出身。その一人、山田喜久次郎(北条生まれ)にスポットを当てた映画が一般公開されている。不遇な少年時代を経て東京に向かい、浅草の文化発展に尽力しながらも決して表舞台に立とうとしなかった喜久次郎の生きざまに感銘を受けた地元出身者らが、「芯のある筑波人を知り、人生の指針にしてもらえたら」と映画化が実現した。


2016年12月5日(月)


風に吹かれて佐賀さん名著復刊へ
拝啓、ボブ・ディラン様

拝啓、ボブ・ディラン様

土浦市の開業医・佐賀純一さんが28年前に上梓した『浅草博徒一代』が、ボブ・ディランさんのノーベル文学賞受賞でにわかに注目を集めている。ディランさんが2001年発表した曲の歌詞に本の文節を無断借用したとされるためで、当時佐賀さんは「優れた作品同士が時を超え対話することで新たな価値が創造される」と、これを歓迎。受賞式が12月10日に迫る中、同じ齢を重ねた伝説の詩人の偉業に土浦が誇る文学者もにわかに心揺れている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  2. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 安産祈願や子授け「小田のお不動様」
  2. 「災害に強い家」見学会
  3. 「小川芋銭の世界」展
  4. 「きこえと認知症」講演会
  5. 深作農園のイチゴ狩り
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング