茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2016年9月


2016年9月26日(月)


社会に踏み出すきっかけの場に
患者同士が企画・交流する月1回の「難病カフェ」

患者同士が企画・交流する月1回の「難病カフェ」

難病を抱える人が気軽に集って情報交換し、日常生活の向上を目指そうという「難病カフェ・アミーゴ」が、2016年5月に発足。毎月1回、水戸とつくばで交互に開催している。立ち上げたのは美浦村在住の桑野あゆみさんと、水戸市在住の吉川祐一さん。共に難病を抱えながらも前向きに仕事や社会とかかわる中、いまだ声も上げられず苦しんでいる難病患者を後押しできればとカフェの企画を練る。


2016年9月17日(土)


石岡市の木村さん民話集を制作
「変えてはいけないもの」語り継ぐ

「変えてはいけないもの」語り継ぐ

石岡や八郷地域に伝わる昔話を独自に調査している木村進さんが、このほど民話集『石岡地方のふるさと昔話』を自主制作した。幼い頃から各地を転々として「ふるさとがない」からこそ、地域に根差した庶民の生活や風習が息づく物語を追い求めて10年余。時代や語り部によって変化しながら伝わってきた昔話を楽しみ、残していくことでふるさとへの思いをはせる。


2016年9月5日(月)


筑波学院大×東京大、映像アーカイブ公開
原発事故避難者 広域避難「オールつくば」の記録

原発事故避難者 広域避難「オールつくば」の記録

福島第一原発事故以降、多くの避難者が逃れてきたつくば市。大震災から5年目の今年、筑波学院大学と東京大学の共同研究チームが、広域避難者支援や市内でのセーフティネットづくりに奔走した当事者の証言を集めた「映像アーカイブ」を公開した。未曽有の災害から逃れてきた隣人をどう支援し、避難者はどのように地域に溶け込んだのか—。映像からは、これから起こり得る災害への対応や共助の街づくりに生かせるヒントが伝わってくる。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング