茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2016年10月


2016年10月31日(月)


車いすでも簡単着脱の和服考案 浅倉早苗さん
おしゃれはバリアフリー

おしゃれはバリアフリー

つくば市在住の主婦・浅倉早苗さんは、高齢や障害などで車いすを使用する人に、5分足らずで着せられる着物を考案。おしゃれ好きだった祖母が車いすになって着物を着ることを諦めた姿に一念発起し、誰もが外出したくなるバリアフリーのおしゃれを目指そうと工夫と改良に奮闘。各地に笑顔の花が咲き出した。


2016年10月24日(月)


山麓で自転車ガイド養成
筑波よいとこ、何度もおいで

筑波よいとこ、何度もおいで

サイクリング環境に恵まれ首都圏からのアクセス環境も良い筑波山麓でこのほど市民有志による自転車観光ガイド育成が修了し、来る11月3日(祝)からツアーを行う。一過性の催しや名物などに頼る以外にリピーターが増える観光とは何か―。過疎化が進むつくば市北部に持続的なにぎわいを取り戻そうと、新しい取り組みが始まっている。


2016年10月15日(土)


「Lolo Mas」こと今田 勝さん
貧しい人々に自活の道を

貧しい人々に自活の道を

フィリピンの貧しい人々の支援に力を入れている今田勝さんは、定年後に活動を本格化。趣味で習ったステンドグラスに新手法を取り入れたアクセサリー作りなど、さまざまな支援策を模索。かつて現地に住んで見聞きした深刻な現状を改善するには、一時的な金銭や施設支援だけでは不十分だと実感し、現地の人が自立、自活できる手段の構築を目指して広く協力も呼びかける。


2016年10月3日(月)


持ち帰ると法律違反
入れない、捨てない、拡げない えっ、これも特定外来生物!?

入れない、捨てない、拡げない えっ、これも特定外来生物!?

筑波山麓や霞ケ浦でここ数年、生態系に重大な被害を及ぼす恐れのある特定外来生物の目撃情報が相次いでいる。農作物などへの影響も懸念される一方で一般の認知度は低いまま。筑波山地域ジオパーク認定を機に、専門家は「入れない・捨てない・拡げない」の三原則を守るよう呼び掛けている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング