茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年9月


2015年9月28日(月)


安易な遺棄は絶対にやめよう
外来種増加に黄信号

外来種増加に黄信号

日本の固有種に影響を与えるとして懸念される動植物の外来種が年々増加。茨城県内でも霞ケ浦や近隣河川で外来魚の増加が以前から問題視されてきたが、最近はミドリガメの繁殖が目立っている。土浦市の亀城公園の池でも驚くほど増え研究者も経過を注視。環境省では2020年をめどにミドリガメの特定外来種指定の準備を進めている。


2015年9月18日(金)


茨ニャンの会を発足させた蔵増明日香さん
年間約300匹 譲渡会でつながる命

年間約300匹 譲渡会でつながる命

茨城県における犬猫の殺処分ゼロを目指して2010年に発足した「茨ニャンの会」は、いわゆる犬猫の保護団体ではなく保護した人自身が里親を探す場を共有し交流する会。定期開催している譲渡会には保護した犬猫を抱える人が各地から集まり、里親との出会いをマッチング。そうして新しい飼い主に渡る猫は年間約300匹。小さくても大事な命を決して見捨てない。


2015年9月14日(月)


歌で故郷・地域を応援する 鈴木春美さんと南城徹さん
挫折があるから頑張れる

挫折があるから頑張れる

福島県南相馬市(旧小高町)出身で土浦市在住の歌手・鈴木春美さんは4年前の大震災で実家を失った。当時は病で声も出せず、「何か手助けがしたい」と気持ちだけが空回り。そんな中、ある作曲家との出会いで諦めていた歌を再開。声を出すリハビリを続け、少しずつ健康も取り戻した今年、CDの売上を故郷に寄付し少し心が軽くなった。


2015年9月7日(月)


ラヂオつくば 番組通して情報共有
FM-UU牛久に開局 防災情報、どう伝える

FM-UU牛久に開局 防災情報、どう伝える

地域密着の情報を伝える牛久市のコミュニティFM「うしくうれしく放送(FM-UU)」が放送を開始。ボランティアが運営を支え、市と連携した防災情報伝達にも力を入れる。ラヂオつくばでは防災教育に特化した番組を始め「地域に必要とされる情報」を模索。全国290局まで広がったコミュニティFMの在り方が注目される。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月25日から「はぎれ市」
  2. 5月23日、石井桃子作品おはなし会
  3. 乳幼児向け「お話し会」人気
  4. 大人の学校講座「知っておきたいリフォームの基本」
  5. 「山に建つ平屋の住まい」完成見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング