茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年8月


2015年8月31日(月)


途絶えた歴史を復活

途絶えた歴史を復活

石岡市の常陸國總社宮に2年前、長く途絶えていた禊(みそぎ)場が復活。氏子たちの絆を深める修行の場であると同時に、町のにぎわいづくりもスタート。仕掛けたのは氏子青年有志による「ひたみち会」。地域の歴史を次世代に継承しようと、知恵を絞り汗を流した。9月15日には例大祭の禊が行われる。


2015年8月24日(月)


依存性からの回復と就労を目指す
人として生き直すために

人として生き直すために

鹿嶋市のNPO法人潮騒ジョブトレーニングセンターは、薬物やアルコール、ギャンブル依存症からの回復と就労を支援する民間施設。デイケアとナイトケアの計3施設ほかスタッフの通勤寮も構え、入所者は約120人。「最後の砦」と、地域の理解を広げながら奮闘する。


2015年8月10日(月)


詩人・竹内浩三『筑波日記』の日々
コノ青空ノヨウニ自由デアリタイ

コノ青空ノヨウニ自由デアリタイ

太平洋戦争中、つくば市にあった西筑波飛行場で訓練を受けた詩人・竹内浩三は、軍隊生活での日々を手帳につづり、理想と現実のはざまで葛藤する自身と向き合った。23歳で戦死した浩三の『筑波日記』は戦後、広く読み継がれ、本居宣長記念館(三重県松阪市)に収蔵。戦後70年目、浩三が記録した筑波での青春時代をたどる。


2015年8月3日(月)


体験語り継ぐ黒川博さん
後世に残す被爆者のメッセージ

後世に残す被爆者のメッセージ

長崎に落とされた原爆で2次被爆し、家族を失った土浦市在住の黒川博さん(86)は、各地で原爆パネル展を開き、体験を語っている。原爆の恐ろしさと地獄絵は戦後70年経った今も脳裏に焼き付いて離れず、被爆者が負った過酷な運命を2度と繰り返してはならないと活動する。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング