茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年6月


2015年6月29日(月)


先進的で温かいまち人気
守谷市「住みやすい街」の魅力と取り組み

守谷市「住みやすい街」の魅力と取り組み

全国791都市を対象に利便度や安心度、快適度、富裕度、住居水準充実度など公的統計を基に評価した東洋経済新報社発行の2015年「住みよさランキング」で守谷市が全国総合10位、県内では1位にランクインした。上位ランクインは2007年以来8年連続の常連で、住民の増加率も年々上昇している。


2015年6月22日(月)


美浦村の「ノーテレビ・ノーゲーム」運動着々と
未来を開く子どもの社会力を育成

未来を開く子どもの社会力を育成

人と人がつながり社会をつくる力「社会力」の育成を教育振興基本計画に盛り込んでいる美浦村では、その取り組みの一つとして「ノーテレビ・ノーゲーム」運動を2011年7月から実施。保・幼稚園や小中学校との連携で「家族の会話が増えた」など結果を出している。


2015年6月15日(月)


付加価値付ける「民営」に注目
放課後の学童保育 法改正も「小4の壁」に悩み

放課後の学童保育 法改正も「小4の壁」に悩み

児童福祉法改正で利用対象年齢が小6まで引き上げられた学童保育。しかし人口急増地域では「児童クラブ」が定員超えなど「放課後の居場所」がない人も増えている。そんな中、対策に乗り出した自治体や、付加価値を高めた民営の活動が注目を集めている。


2015年6月8日(月)


JA土浦と若手農家の次世代農業プロジェクト
地域農業発「ソーシャルビジネス」を土浦から

地域農業発「ソーシャルビジネス」を土浦から

土浦農業協同組合と若手農業後継者たち13人が進めている次世代農業プロジェクト「土浦一石の大名」がスタートし、玄米が年間で宅配される大名会員を募っている。食育や農業体験イベントを通して「農ある生活」を提供。さらに新しい農業ビジネスを展開していく。


2015年6月1日(月)


岩手・山田町の復興支援コンサート
寄り添う気持ちで細く長く

寄り添う気持ちで細く長く

東日本大震災で被害を受けた岩手県・山田町を支援し続けているチャリティーコンサート実行委員会が、2015年6月27日(土)にコンサートを開く。募金を山田町に届ける支援は4年目。寄付金は多くなくても届ける気持ちは熱く深い。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング