茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年1月


2015年1月26日(月)


各地の「お礼」に故郷の香り
「ふるさと納税」人気急上昇

「ふるさと納税」人気急上昇

地方税法の一部改正でスタートした「ふるさと納税」が年々人気を集め、石岡市が2014年4月1日から12月11日までで約2億円の寄付金を達成するなど市政予算に大きく貢献。寄付を促す創意工夫が地域のPRにもなり、ふるさとが活性化。2015年4月には制度が見直され、より利用しやすくなる。


2015年1月19日(月)


―筑波大学発―みんなの使いやすさラボ
高齢者目線のやさしい社会づくり

高齢者目線のやさしい社会づくり

筑波大学人間系心理学域の原田悦子教授が代表を務める研究センター「みんなの使いやすさラボ」は、生活の中にある「モノ」やサービスの使い勝手を中立の立場で検証するラボ。高齢者の声を反映するものづくりやサービスは、加速する日本の高齢社会にあっては必然。毎月のワークショップは和やかに白熱する。


2015年1月10日(土)


1月17日に牛久沼水辺公園で大会
舞い上がれ!幻のとんび凧

舞い上がれ!幻のとんび凧

龍ケ崎市の郷土工芸品「龍ケ崎とんび凧」は、昭和の終わりに最後の凧師が亡くなり途絶えていたが、市民有志が研究会を発足。「郷土の文化を復活させ、後世に残そう」と準備を進めてきた。1月17日(土)には牛久沼水辺公園で凧揚げ大会を開き、幻のとんび凧が風に泳ぐ。


2015年1月5日(月)


演技を通じて感じた仕事や故郷への思い
女優 永作博美さん

女優 永作博美さん

二児の子育てに奔走しながらも女優として忙しい日々を送る永作博美さん(44)。 2015年1月には鉄腕アトムを下敷きにした舞台「PLUTO」、 2月には美しい奥能登の海辺に住む女性たちの心の交流を描いた映画「さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜」が公開される。 演技を通して感じた仕事や故郷への思いを聞いた。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング