茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2014年9月


2014年9月29日(月)


T-KIDSレスリングクラブを立ち上げた 花井 洋未知さん
夢を追う心と体を育む

夢を追う心と体を育む

高校・大学でレスリングに取り組んだ花井洋未知さん(つくば市、38歳)は、ケガで諦めた夢を子どもたちに託そうと2年前市内にレスリングクラブを発足。自身も「心の区切りをつけたい」と再びマットに立つ。「つくばからレスリング代表を―」と、オリンピックを視野に入れ選手育成に汗を流す。


2014年9月20日(土)


一般社団法人コモン・ニジェール代表 福田 英子さん
知らなくても、つながっている

知らなくても、つながっている

守谷市に住む福田英子さん(57)は、国土の8割をサハラ砂漠が占める西アフリカの内陸国「ニジェール」に住んだ初めての日本人女性。過酷な国土に生きる国民の貧しさを目の当たりにし、2009年に一般社団法人「コモン・ニジェール」を設立し、支援活動を展開。多くの人にニジェールを知ってほしいと、9月23日(祝)に守谷市で講演会を開く。


2014年9月13日(土)


外国人研究者ら野菜作り始めて3年
「100年先まで森を残して」

「100年先まで森を残して」

つくば市内の外国人研究者たちが、希少野生動植物種のオオタカが生息する金田台で自然農法や有機農法で野菜を育てながら、鳥のさえずりや虫の羽音を楽しんでいるが、畑を囲む森は2015年3月までに伐採予定。「100年先に豊かな自然を残すことも大切」と、緑の減少を惜しむ。


2014年9月8日(月)


トンボ池を造る活動を広めている 鈴木 俊夫さん
日本一の「トンボ王国」を夢見て

日本一の「トンボ王国」を夢見て

小美玉市の鈴木俊夫さん(66)は少年時代の「わくわく感」を次世代に伝えたいと減少しているトンボの再生に奔走。手軽にトンボを増やせる手作り「トンボ池」を県内に約1000カ所設置することを目標に小学校への働きかけている。夢は日本一のトンボ王国を茨城県内につくること。


2014年9月1日(月)


新体制でスタートした土浦市社会人バレーボール連盟
「パパさんバレー」をつなぎたい

「パパさんバレー」をつなぎたい

土浦市社会人バレーボール連盟は「パパさんバレー」チームの集まり。約35年前に商店主や企業などが発足し、16チームが競い合う盛り上がりだったが、少しずつメンバーが減少。歴史あるパパさんバレーを存続しようと、2014年4月から新体制で再スタート。戦力強化とメンバー補充に力を入れている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング