茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2014年6月


2014年6月27日(金)


イベントを企画・運営する千ヶ崎勝巳さん・黒田昌樹さん
薬物の危険はすぐそばにある

薬物の危険はすぐそばにある

NPO法人「I・M・C」の千ヶ崎勝已さん(つくば市、66歳)とアクションパフォーマーの黒田昌樹さん(つくば市、30歳)は、麻薬や覚せい剤など薬物の怖さを訴えようとイベントを企画・実施。イベントは2014年6月28日(土)つくば市竹園の筑波銀行本部ビルで開く。


2014年6月23日(月)


龍ケ崎市立愛宕中学校生徒会長 田中海斗さん
自分にできることを精いっぱい

自分にできることを精いっぱい

龍ケ崎市立愛宕中学校の田中海斗さん(15)は、下肢に障害を持ちながらも何にでも挑戦。生徒会長として全校生徒をまとめ、英語や水泳、車いすバスケットなどをこなす。生きることへの葛藤があったが、本気でぶつかり合える教師や友人の支えで自分があると感謝。将来「話す仕事ができれば」と夢を膨らませる。


2014年6月2日(月)


つくばに障がい者支援の事務所を立ち上げた 皆川 勝さん
「つくば」を第二の故郷に

「つくば」を第二の故郷に

福島県南相馬市からつくば市に避難している皆川勝さん(50)は、故郷に見切りをつけ2013年3月、障がい者対象の就労継続支援A型事業所を市内に立ち上げた。戻れるのか戻れないのか―。迷いを払拭してくれたのは「もう福島に帰らなくていいよ」という子どもたちの言葉だった。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月25日から「はぎれ市」
  2. 5月23日、石井桃子作品おはなし会
  3. 乳幼児向け「お話し会」人気
  4. 大人の学校講座「知っておきたいリフォームの基本」
  5. 「山に建つ平屋の住まい」完成見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング