茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー

常陽リビングニュース バックナンバー

2016年5月

RSS


酢油漬
リビング◆クッキング

リビング◆クッキング

レシピ集に「手軽にもう一品『酢油漬』」を追加しました。(05/31up)


ペットロス 話して、泣いて、無理しないで
心の回復を支援するカウンセラー 小口 令子さん

心の回復を支援するカウンセラー 小口 令子さん

家族同様にペットをかわいがる人が増えるにつれ、亡くしたときの悲しみからなかなか立ち直れない「ペットロス」に苦しむ人も増えている。深い喪失感に打ちのめされても「たかがペット」と言われそうで悲しみを一人で抱え込み、中には重症化して心身を病む人もいる。そうした悲しみに寄り添うペットロスカウンセラーの小口令子さんもまた、子犬4匹を一度に失うというつらい体験をした。(05/30up)


丸麦入りニンジンポタージュ
リビング◆クッキング

リビング◆クッキング

レシピ集に「美肌効果と免疫力アップ『丸麦入りニンジンポタージュ』」を追加しました。(05/24up)


軸足はワールドワイド
女子テニスU14日本代表 佐藤 久真莉さん

女子テニスU14日本代表 佐藤 久真莉さん

5歳からテニスの楽しさにのめり込んだ佐藤久真莉さんは、ジュニアの国内大会での優勝はもとより世界を視野に活躍するテニス界期待の星。海外遠征で一年の半分以上は親元を離れて暮らし、英会話スキルを磨くなど一般の中学生とは少し違う。勝負の厳しさに立ち向かい、悔しさをバネにボールを追う真剣さはもはやプロの域。5月29日からフランスで開かれる全仏オープン・ジュニア大会でも上位入賞を目指している。(05/23up)


弱者に寄り添い、自ら動け
ブラフマン、マンウィズら復興ライブ

ブラフマン、マンウィズら復興ライブ

2015年9月の関東・東北豪雨から復興しつつある常総市で去る5月1日、茨城ゆかりのバンドが集う音楽イベント「Dappe Rock’s(ダッペロックス)」が開かれた。バンドマンたちが考える「次世代に伝える復興支援の在り方」について、BRAHMANのトシロウとMAN WITH A MISSIONのトーキョータナカが初めて熱い胸の内を語った。(05/16up)


どんなときも「笑い」が一番
元宝塚新芸座の喜劇女優 熹ミト史さん 〜シニア劇団で演技指導〜

元宝塚新芸座の喜劇女優 熹ミト史さん 〜シニア劇団で演技指導〜

かつて宝塚新芸座の喜劇女優として人気を博した 熹ミト史さんは、結婚を機に舞台を離れ主婦業に専念。やがて名古屋から阿見町に移り、60歳を過ぎてから県南を中心に活動するアマチュアのシニア劇団「はつらつ一座」に参加。演じる楽しさと団員との交流に新たな生きがいを見いだし、プロの舞台出演も再開した。どこにいても「笑い」をモットーに周囲を元気づける。(05/02up)
このページのトップへ

 

Ads by Google


注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング