印刷表示
Joyoliving News : 2020年12月03日掲載

郷土かるたの史跡巡り

土浦の小学生ら参加

「土浦郷土かるた」の拡大版を見せながら史跡を案内する観光ボランティア協会のスタッフ
「土浦郷土かるた」の拡大版を見せながら史跡を案内する観光ボランティア協会のスタッフ

土浦市子ども会育成連合会(中井川功会長)がこのほど、「土浦郷土かるた」にゆかりのある史跡巡りを行った。

子どもたちの郷土意識高揚、地域社会に貢献できる担い手育成などを目的とした行事で、市内の小学生ら10人と保護者7人が参加。

2班に分かれて市観光ボランティア協会スタッフの解説を聞きながら、土浦城址やまちかど蔵「大徳」、矢口家住宅、郁文館などの史跡を徒歩で巡った。

参加した子どもたちからは「まちかど蔵の金庫が厳重ですごかった」「桜橋から霞ケ浦まで水路になっていて、今も水が流れていることに驚いた」などの声が上がった。

同市子連では、子ども会対抗の土浦郷土かるた大会を毎年2月に開催している。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-12-03 08:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-01-25更新 ]
  1. つくば市高見原にあるカフェレストラン「バスティーユ」の新テイクアウトメニュー「スフレパンクリーム」が好評を得ている。
  2. 2020年6月にレストラン、ショップをオープンした牛久シャトーでは、ワイナリーやブルワリー、バーベキューの再開に向けたクラウドファンディングを3月12日(金)まで実施している。3月12日まで、目標金額1億円。
  3. 歴史ある築100年超の平屋をリフォームした完成実例見学会が、2月4日(木)~8日(月)つくば市若栗で開かれる。参加無料。
  4. 新春芝焼きと文化財防火訓練が、1月30日(土)つくば市の平沢官衙遺跡歴史ひろばで開かれる(雨天・強風時は2月6日(土))。
  5. 英語環境で遊びながら学ぶ幼児教育を実践するキッズクリエーションつくばでは、各クラスで4月入会生を受け付けている。
  6. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院で、1月31日(日)に「新春法話会」が開かれる。参加無料。
  7. 龍ケ崎市では、名作アニメ「妖怪人間ベム」とコラボレーションした塗り絵コンテスト作品を1月29日(金)まで募集している。
  8. 輸入住宅を手がけるウイングホームでは、新しいスタイルのアメリカンガレージの販売をスタートした。
  9. 結婚や転入などの手続きで守谷市役所を訪れた人が気軽に記念撮影できるフォトブースがこのほど庁内に設置され、親子連れや子どもたちを中心に好評を得ている。
  10. 不動産経費に対し、所得税の節税対策として注目される「法人化」のメリットなどを学べる講座が、1月23日(土)つくばイノベーションプラザで開かれる。入場無料、予約制。
Ads by Google

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP