印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月31日掲載

林真紀さん『キッズライクアス』CFで資金集め翻訳・出版

自閉症スペクトラム障害の高校生が主人公

「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で
「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で

フリーランスの翻訳者・林真紀さん(つくば市在住、43歳)が、自閉症スペクトラム障害の高校生の恋愛を描いた小説『キッズライクアス』(サウザンブックス社)を邦訳。自身も発達障害の子育てをする経験を基にクラウドファンディング(CF)で資金を集め、このほど出版した。

横浜市出身の林さんはより良い子育て環境を求めて7年前つくばに転入。入園式でパニックを起こしたわが子が発達障害と診断され「正直ほっとした」。ありとあらゆる療育を試し、「ありのまま」を認めることにたどりついた。

大学の論文などの翻訳を手掛ける中、原書と出合ったのは2年前。自閉症スペクトラム障害を持ちロサンゼルスの「特別な高校」に通うマーティンは、映画監督の母と共に夏休みをフランスの田舎町で過ごす。初めて過ごす「普通の高校」でフランス人の女の子に恋したマーティンは自分を取り巻く世界をプルーストの『失われた時を求めて』の文脈で解釈するが、次第に友達や彼女が生身の人間であることに気付き始める…。

物語は、主人公と似た葛藤を抱え、周囲に合わせた「普通の子」を演じていた現実のわが子に重なり、人付き合いが苦手だった自らの来し方にも思いを巡らせた。3カ月掛けて一気に翻訳し売り込んだが、一般的に「マイノリティのテーマ」を扱う本は出版社も発刊に二の足を踏むことが多く、林さんは独自にCFサイトを立ち上げ資金を調達。目標金額を大幅に超えこのほど出版にこぎつけた。林さんは「『(子どもが)生まれて来なければ…』という思いから私の世界を変えてくれた本。他者の生きづらさを想像するきっかけになれば」と話している。

本はネット販売のほか、つくば市内の友朋堂書店吾妻店、TSUTAYA LALAガーデンつくばで取り扱い中。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-07-31 16:33:29 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-09-25更新 ]
  1. 全国有名産地の焼き物を集めた「第20回牛久全国大陶器市」が、9月27日(日)まで牛久市久野町の牛久大仏特設会場で開かれている。
  2. 和楽器ユニット・Rin’の「光明〜未来へ〜」と題したライブが、10月10日(土)午後5時から龍ケ崎市の大昭ホール龍ケ崎で開かれる。
  3. 医療従事者や社会生活を支えるエッセンシャルワーカーに感謝を込めた「虹の絵」の展覧会が、9月28日(月)までつくば市洞峰公園内新都市記念館で開かれている。
  4. 体験型テーマパークのこもれび森のイバライドで、9月20日(日)に「コロナに負けるな-wish-願い花火」と題した花火大会が開かれる。
  5. 桂不動産主催の賃貸オーナー向けセミナー「コロナ禍で変わる賃貸経営!勝ち組オーナーの新戦略」が、9月27日(日)同社セミナールームで開かれる。
  6. 土浦駅直結プレイアトレに、タルト専門店「タルトスピーカー」が、このほどオープンした。
  7. 「デザイン・コスト・健康に優れた家づくり」を提案する古谷ホームが、つくば市島名と同市みどりのの2現場で「ヒノキ造り構造見学会」を、毎日開催している。
  8. 公園墓地・グリーンメモリアムつくばが、成約者先着5人に1万円分の商品券をプレゼントする「秋のお彼岸キャンペーン」を10月31日(土)まで実施している。
  9. おかげさまでご好評をいただいております、紙上写真館「リビング寫眞館」。今回もたくさんの“とっておき”写真が、読者から寄せられました。皆さま、どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
  10. 「要約筆記」を学ぶ講座が11月から実施されるのを前に、主催する龍ケ崎市社会福祉協議会が受講生を募集している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP