印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月01日掲載

漫画『だっぺ帝国の逆襲』Web連載中

常総の青木さん監修

連載第1回の場面から。「茨城県民体操」が登場
連載第1回の場面から。「茨城県民体操」が登場

茨城県の魅力をコミカルに伝える漫画『だっぺ帝国の逆襲』が、インターネット上で公開されている。

監修を務めるのは、文章や音楽など多方面で茨城をPRしている「イバラキング」こと青木智也さん(47歳、常総市在住)。漫画は大子町在住の漫画家佐藤ダインさんが手掛け、小学館運営のウェブサイトで2019年12月から隔週で連載されている。

ストーリーは、元サラリーマンの主人公・袋田ダイゴが転職先の県庁で秘密のプロジェクトに従事。個性豊かな仲間と共に、7年連続最下位となった都道府県魅力度ランキングで茨城のトップ10内を目指す。

つくば霞ケ浦りんりんロードを自転車で走りレンコン農家を訪れたり、牛久沼付近のうなぎ店にこだわりを聞くなどして魅力発信の策を考えていく。実在する県内各地の施設や企業、伝説ほか、農業関連やロケ実績など全国に誇るデータが登場。北海道名物コンビニ店が多く存在するなど、小ネタも散りばめられている。

青木さんは作中の用語をユニークに解説するコラムや題材提供、「茨城弁訳」などを担当。郷土の魅力を「面白く」紹介したいと活動する青木さんは「県内外の方に茨城に詳しくなることで愛着を持ったり、好きになってもらえたら」と作品への期待を話した。

将来は書籍化を予定。作品はサイト「P+D MAGAZINE」で公開中。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-07-01 09:30:04 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-15更新 ]
  1. まっくら観音で知られる勝福寺恒例の「まっくら観音ご縁日」が、8月9日(日)同寺で行われる。
  2. 木材やプランクトンなど動植物から生まれた再生可能なエネルギー「バイオマス」について学ぶ親子バスツアーが、8月20日(木)に実施される。
  3. 茨城百景にも選ばれている景勝地・かすみがうら市歩崎公園前にこのほど浮桟橋が完成。併せて霞ケ浦古民家風の宿泊施設もオープンした。
  4. 原爆の恐ろしさを伝え被爆者援護の輪を広げる「2020原爆と人間展」が、8月9日(日)まで土浦市の県南生涯学習センターで開かれている。
  5. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響で外出もままならない園児らに思い出をつくってもらおうと、このほどつくば市の島名保育園でポニーの乗馬体験が開かれた。
  7. 「TSUKUBA学びの杜学園」が、高等部後期入学生・転編入生を募集している。
  8. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
  9. 牛久市の落花生専門店・味の老舗いしじまが、夏季恒例「割引セール」を8月8日(土)〜10日(祝)まで実施する。
  10. 関東・東海地域を中心に約23万件の作業実績を持つ「植木屋革命クイック・ガーデニング」が実施する「お庭まるごとスッキリ割」が、好評を得ている。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP