Joyoliving News : 2020年05月25日掲載

家族で楽しく「大掃除」

休校や在宅、自粛期間中に

新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさん(48)にポイントを聞きました。


山口 かな さん
(一社)日本清掃収納協会清掃マイスター1級認定講師
1971年生まれ。現在2000件の家庭の掃除や片付けのサポート、家事代行のほか、カルチャースクールなどで講座開催。新聞や雑誌、テレビ出演など多数。

普段使わない場所の掃除は「年末に一気に!」という方も多いのでは。実は暖かくなってきたこの時期は、掃除の大敵「油汚れ」が緩み寒くもないので、水を使う掃除も気持ち良く行えます。換気扇やバスルーム、窓・網戸などのほか、梅雨前に洗濯槽のカビ対策もしたいところです。

まず、掃除前に床の上を整理し、汚れの質と最適な取り除き方を学びましょう。スムーズでストレスがない掃除のこつは「場所に適した掃除道具・洗剤をそろえる」「掃除の順番は上から下へ」「乾いた汚れは乾いたうちに」などです。

「掃除をしなくちゃ」という義務感より、家族に上手に声を掛けて楽しむ気持ちが大切。完璧より「気持ち良さ」を優先。作業後のご褒美(具体的がベスト)があるとやる気もアップします。

リフレッシュした家で家族との時間を楽しみましょう。

換気扇

[必要なもの] 重曹、先のとがった割り箸、段ボール箱、厚手のごみ袋、歯ブラシ、雑巾

(1)電源を切ってフィルターとファンを外す
(2)ホット重曹水をスプレーして、割り箸の先で汚れを落とす
(3)段ボールの中に厚手のゴミ袋を広げ、やけどに注意しながら50℃のお湯1リットルに重曹大さじ2を入れたホット重曹水を用意し、ファンを15分つけ置きする
(4)汚れが柔らかくなったら、歯ブラシで細かい所までこする
(5)流水でしっかり洗った後、雑巾でから拭きし元に戻す。外した小さい部品は紛失しないように排水口ネットなどに入れておくと安心。

洗濯機(洗濯槽)

[準備するもの]酢、重曹、雑巾、歯ブラシ

洗濯機は洗濯槽(月に一度)と洗濯機外周り(季節の変わり目)に分けて計画的に。
(1)ブラシに重曹を付けて、洗濯槽のふちや隙間の汚れを落とし水拭き、から拭きする
(2)洗濯槽の「高水位」まで水を入れ、500ミリリットルの酢(1本分)を入れてかき混ぜ、通常洗いのスイッチを入れる
(3)洗濯槽のふたを開け、十分に乾燥させる※酢の匂いが残ることがあるが、じきに消える。

バスルーム(蛇口、鏡、排水口)

●蛇口

[準備するもの]歯磨き粉、歯ブラシ、マイクロファイバークロス
(1)歯磨き粉を指につけ、少しずつ蛇口にのばす
(2)隙間は歯ブラシで磨く
(3)水洗いした後、マイクロファイバークロスで拭き上げる。
●鏡

[準備するもの]クエン酸水、マイクロファイバークロス、スポンジ、食用品ラップ
(1)クエン酸水をスプレーし、乾燥しないように上からラップを貼り付ける
(2)半日ほど放置し、スポンジで上から下へ拭く
(3)水気が残らないようマイクロファイバークロスでしっかりから拭きする。一度できれいにすることが難しい場所なので焦らず少しずつ取り組む。うろこ状の汚れはなかなか取れないので、入浴後に拭く習慣をつける。

●排水口
[準備するもの]重曹、クエン酸水、スポンジ、歯ブラシ、ゴム手袋
(1)排水口に重曹を1カップ分まんべんなく振り掛け、ホットクエン酸水を注いで約15分置く
(2)しつこい汚れは歯ブラシでこすり、お湯で洗い流す。夏場は悪臭の温床にもなるので、ゴミを毎日取り除く習慣をつける。週に一度は目皿の下の防臭パイプも外し、重曹を振りかけてスポンジでのこすり洗いを。
●窓・網戸

[準備するもの]新聞紙、ガムテープ(養生テープ)、掃除機+ブラシノズル、静電気モップ(洗車ブラシ可)、雑巾、スクイージー
(1)網戸裏にガムテープ(養生テープ)で新聞紙を貼り、表側からブラシノズルを付けた掃除機の弱でほこりを吸い取る。ほこりが溜まりやすい場所は雑巾で水拭きする
(2)窓は上から下へ静電気モップ(洗車ブラシ)でほこりを落とし、全体を雑巾で水拭きする
(3)スクイージーを上から下へかける。窓枠などの汚れはから拭きする。外側も同じ手順で行う。

 

★せっかくなら他の場所も…
洗面所の蛇口も風呂の蛇口同様に磨こう。本棚の手前ほか本自体のほこりは、はけで優しく除去。
そのほか、ブラシノズル+掃除機などもおすすめ。壁のほこりは柔らかい洗車ブラシで上から下へブラッシング(子どもは背の届く範囲)。暑くなると食品を出したときに傷みやすいので、冷蔵庫の掃除は今のうちに済ませたい。
普段はなかなかできない食器棚やカーテンの洗濯、カーテンレールの隙間などもこの際楽しく掃除してみよう。


【お役立ち】 自家製洗剤の作り方
※「ホット」は、いずれも50℃程度の湯を使用(やけどに注意する)

●重曹水スプレー キッチンの油汚れ、風呂・床の皮脂汚れ等
[分量]重曹…小さじ1、水…100ml

●セスキ炭酸ソーダ水スプレー キッチンのしつこい油汚れ、ドアノブやスイッチなどの手垢等
[分量]セスキ炭酸ソーダ…小さじ1/2、水…100ml

クエン酸水スプレー シンクの水垢、トイレの尿汚れ等
[分量]クエン酸…小さじ1/2、水…100ml

Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

PAGE TOP