印刷表示
Joyoliving News : 2020年05月21日掲載

かわいい!使える!「守谷イメージ画」供用開始

名刺や名前シールに活用して

名刺などのワンポイントに使いやすいデザイン(守谷市提供)
名刺などのワンポイントに使いやすいデザイン(守谷市提供)

守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。

「守谷イメージ画プロジェクト」は市の魅力を内外に発信しようと昨年から始まり、同市ゆかりのイラストレーター・イヌイマサノリさんが市内小中学校でワークショップを開くなどして今年1月に完成。黄色や赤が重なり「心のあたたかさ」が表現された絵の原画は現在、守谷中央図書館に展示されている。

供用されるデータはイメージ画のほか、絵の中に描かれたコジュケイやアヤメ、ヤマユリ、コミュニティバス、鳥がさえずる木道などのパーツ95種類で、市HP内「イメージ画プロジェクト」のページからダウンロードできる。使用者は市内外を問わないが、非営利目的外で使用する場合は申請が必要で、使用に当たっての注意事項なども併記されている。

■問い合わせ
0297(45)1111/守谷市シティプロモーション推進室

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-05-21 08:30:41 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-03更新 ]
  1. 茨城県の魅力をコミカルに伝える漫画『だっぺ帝国の逆襲』が、インターネット上で公開されている。
  2. 犬・猫と触れ合えるテーマパーク「つくばわんわんランド」が、動物たちのえさ代や治療代、施設の維持・改修などの資金を募るクラウドファンディングを実施している。
  3. 液状化現象や雪崩など自然災害のメカニズムを子どもたちに楽しく学んでもらおうと、このほどつくば市の防災科学技術研究所が防災教育の動画を制作し、同研究所HPで公開した。
  4. 山形県天童市の特産品が、6月27日(土)午前10時から土浦市の土浦まちかど蔵と小町の館で販売される。
  5. 後継ぎ対策など墓のあれこれを学ぶ「お墓の市民講座」が、7月11日(土)つくば国際会議場で開かれる。
  6. 扇風機に手軽に取り付けることで室内に浮遊するカビ胞子や0.1マイクロメートル以上のウイルス、微粒子なども吸着する「アミダフィルター」が好評を得ている。
  7. 龍ケ崎の「鍵林」では、1914年の創業以来、一貫して上質な国産原料にこだわり製造する煎餅のギフトが好評を得ている。
  8. つくば市内の観光スポットを紹介するボランティアガイドとして活動できる人対象の研修会が、7月12日(日)から実施される。
  9. 高齢者の不安や不便を解消するツールを提供する「つくばドリームコム」が、耳の聞こえを良くして会話をサポートする難聴者向けの「骨伝導イヤホンの無料貸し出し」を7月31日(金)まで行っている。
  10. 龍ケ崎市では、“イクメン”をテーマにした川柳を7月31日(金)まで募集している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP