地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年12月18日掲載

「つくば木場公園クリニック」、松野木に移転

12月22日に内覧会




一人の医師が男女の不妊症に対応できる「つくば木場公園クリニック」ではつくば市松野木に移転するのにあたり、内覧会を開催する。12月22日(日)午前10時〜午後2時。

広大な敷地に建つ「ART RESORT TSUKUBA KIBA PARK CLINIC」と名付けられた施設は、リゾートを連想させる外観。玄関を入ると、自然光が降り注ぐ待合室が出迎えてくれる。
「新しい命に出会うまでの道のりは、時として長く厳しいものになります。受診に来られる皆さまに寄り添いたいと思う気持ちを込め、心安らぐ空間づくりに努めました」と最高顧問の吉田淳医師。

施設の最大の特徴は、「1人目不妊治療」と「2人目不妊治療」のエントランスを分けたこと。また、駐車場の入口や待合室などもプライバシー重視の設計とした。

内覧会では設備も見学可能。「自然を有した広い敷地に通院する患者さまが癒やされる施設を造りたいという願いを形にでき万感の思い。皆さまから深く信頼いただけるクリニックとなれるよう、鋭意努力してまいる所存です」と吉岡院長。

同クリニックでは、不妊治療セミナーを1月25日(土)に開催。午後6時半〜8時まで。会場/つくば国際会議場。希望者はホームページから申し込む。

■問い合わせ
029(836)4123/つくば木場公園クリニック(つくば市松野木101-6)

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-12-18 10:30:51 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-05-26更新 ]
  1. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  2. 「まっくら観音」として知られる勝福寺(河内町)が、手づくり布マスクを5月23日(土)と30日(土)午前9時から同寺駐車場で無料配布する。
  3. 新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさんにポイントを聞きました。
  4. 新型コロナウイルスの影響により医療現場等で消毒用アルコールの在庫が不足していることを受け、浦里酒造店がこのほどつくば市に高濃度アルコール120本を寄贈した。
  5. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  6. かすみがうら市では、無料通信アプリ「LINE」を使ったシティプロモーションを今月から開始したのに合わせ、5月31日(日)まで市民参加型のプレゼント企画を実施している。
  7. みほーすと一緒に、運動不足を解消しよう―。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長引く中、美浦村では日常生活の中でできる「巣ごもり体操」の動画をこのほど制作。村HP内で公開している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP