地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年11月15日掲載

「わたしの手」テーマに高齢者アート体験

牛久、11月17日から展示

作家と一緒にワークショップを楽しむ利用者=6日、牛久市女化町の総合福祉センター
作家と一緒にワークショップを楽しむ利用者=6日、牛久市女化町の総合福祉センター

高齢者が美術を楽しむワークショップが、このほど牛久市総合福祉センターで開かれ、参加者約20人が個性豊かな作品を作り上げた。

11月17日(日)に開幕する展覧会「うしく現代美術展」に合わせ参加作家らが企画したもので、牛久市在住の日本画家藤原ゆみこさんが講師を担当。身近な題材から広がる表現や達成感を味わってもらおうと「わたしの手」をテーマに実施した。

カラフルな色画用紙に手を乗せた参加者は紙を回しながら輪郭に沿って画材のオイルパステルでなぞり、線で囲んだ部分を好きな色で自由に塗った。紙の色が見えないほど丁寧に染めたり、力強い線で描いたりとさまざまな作品が仕上がり、藤原さんは一人ひとりに「個性あふれるすてきな作品になりましたね」などコメント。

利用者は「体調が悪かったけど、一生懸命やっているうちに良くなりました」「(絵画は)久しぶり。楽しくできた」などと和やかに語った。

ワークショップで完成した作品も飾られるうしく現代美術展は、17日〜12月1日(日)まで牛久市中央生涯学習センターで実施。地元芸術家約60人による平面・立体・クラフト作品が展示される。

午前10時〜午後4時半。今年25年目を迎えるのを記念して11月23日(祝)と30日(土)には午後9時まで開館時間が延長される。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-11-15 10:30:11 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-10更新 ]
  1. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
  2. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  3. 2018年12月に営業を休止していた牛久シャトーのレストラン・ショップ部門が、このほど再開された。
  4. 福島県いわき市の小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブが、「ゴルフ&宿泊パック」を8月31日(月)まで実施している。
  5. つくばエキスポセンターが、企画展「かわったあそびが大集合!〜つくって・ためして・かんがえる〜」を8月31日(月)まで実施している。
  6. フルーツショップaokiつくば店が、旬のフルーツを集めた「お中元フェア」を実施している。
  7. 農地所有適格法人グリーンアグリかすみがうら事業所では、ソーラーハウスで栽培した「そーらー生きくらげ」の販売を開始した。
  8. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビング主催の「木の住まい性能見学会」が、7月11日(土)と12日(日)千葉県流山市の施工現場で開かれる。
  9. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  10. 茨城県の魅力をコミカルに伝える漫画『だっぺ帝国の逆襲』が、インターネット上で公開されている。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP