地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年10月24日掲載

「終(つい)の宿かれん離宮」

庭園型葬祭ホール

「上質なお別れの場が完成しました。地域の方々にぜひご利用いただきたい」と和泉社長(中央)
「上質なお別れの場が完成しました。地域の方々にぜひご利用いただきたい」と和泉社長(中央)

土浦市の「総合葬祭イズミヤ」(和泉好一社長)が、庭園型葬祭ホール「終(つい)の宿・かれん離宮」と「家族葬ハウスかれん」を11月1日(金)同市荒川沖に開設する。

同社では25年間にわたり運営してきた「荒川沖斎場」を6月に閉所。

新たに建てられた「かれん離宮」は、近年の葬儀の簡略化傾向に対し和泉社長が温めていた「『地域ナンバーワン』のおもてなしができる式場を造りたい」という構想を実現させたもので、約900平方メートルの敷地に建つ本格和風の建物と優雅な日本庭園が特徴。館内にはユズリハの滝や沙羅双樹の客室、閼伽井の歩廊など仏教由来のストーリーを盛り込んだ空間を配置し、メイン式場「山法師」では少人数の家族葬〜大型葬まで幅広く対応。話題のプロジェクションマッピングによる祭壇の演出も行う。

また、遺族用の宿泊施設には、坪庭に面した居間や寝室、リラックススペース、露天風呂などを完備。「ご遺族の皆さまに最後の思い出作りの場としてご利用いただきたく、心からくつろげる旅館のようなこの『終(つい)の宿』を造りました」と和泉社長。

同施設では11月1日(金)〜5日(火)までオープン記念イベントを実施。受け付けは午前10時〜午後2時、午後5時〜7時。詳細は問い合わせ。

■問い合わせ
Freedial 0120-76-1156/かれん離宮(土浦市荒川沖412)

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-10-24 10:30:34 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-02-26更新 ]
  1. かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、2月22日(土)〜3月1日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
  2. 日本人の手で初めて本格的な発掘調査が行われた国指定史跡「陸平貝塚」発掘の調査成果と今後の展望について語る講演会が、3月1日(日)美浦村文化財センターで開かれる。
  3. 幼いころからダンスに魅了され、大学卒業後向かったアメリカで奥深い表現を学んだ山口悠起子さん。高校の体育講師を経て、現在務めるのは茨城アストロプラネッツのダンスチーム・べガス率いるディレクター。「地域貢献に力を入れる球団を支えたい」という思いを胸に、精力的に活動を続けている。
  4. 飯村畜産直営店iimurayaでは、筑波山麓で育つA5ランクの最高級黒毛和牛「飯村牛」の人気総菜を詰め込んだ特選牛づくし弁当が好評。
  5. ミルリトンでは、旬の素材を使った人気の「プレートランチ」をはじめ、土・日も注文できる各種ランチメニューが好評。
  6. シンガーソングライター山崎まさよしのコンサートが、3月1日(日)龍ケ崎市文化会館で開かれる。
  7. 健康について楽しく学ぶイベントが、2月22日(土)取手ウェルネスプラザで開かれる。
  8. 西洋料理エスコフィエでは、昭和38年の創業以来継ぎ足し続けてきたデミグラスソースが決め手の「ハンバーグ」が味わえる。
  9. 看護業務への理解を深めてもらおうと、牛久愛和総合病院では毎年恒例の「春季インターンシップ」の参加者を募集している。
  10. 天然木に囲まれた空間で鮮度抜群のすしと魚料理が味わえる居食家しみずでダントツの人気を誇るのが、選べる「日替りランチ」。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP