常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年10月) > 「自分の力」で宇宙を覗こう
印刷表示
2019年10月16日(水)

「自分の力」で宇宙を覗こう

10月27日、小田城跡で星空観察会

望遠鏡の制作風景(同会提供)
望遠鏡の制作風景(同会提供)

自作の天体望遠鏡で秋の星座を観察する催しが、10月27日(日)つくば市の国指定史跡「小田城跡」で開かれる。

主催の「街ネタものづくり教室」は、代表の須能恵さんがものづくりや天体観測に造詣の深い仲間と結成。国内の製造業が衰退し、スマートフォンのアプリなど便利なツールが普及する中で「道具や機械がどんな仕組みでできているかに疑問を持ってほしい」と昨年、親子向けに竹を使った水鉄砲作りや望遠鏡づくりを企画した。

当日は、望遠鏡制作ワークショップと天体観測会の2部構成(どちらか一つでも参加可)。望遠鏡制作(20日(日)締め切り)は古民家「花の幹」で午後1時〜4時。参加費大人1480円、子ども980円、材料費1台4480円。

また、同4時40分からの星空観察会(25日(金)締め切り)では場所を小田城跡に移し、天体サポーターの指導で秋の星座を観察。プリントした天体写真を持ち帰れる。

定員50人。参加費300円。夕食(おにぎりと豚汁、520円)は希望制。申し込みは街ネタものづくり教室のHPの応募フォームから。

記事配信 [ 2019-10-16 09:30:55 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-17更新 ]
  1. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  2. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  3. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  4. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  5. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  6. JA全農いばらき直営農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店で、11月16日(土)と17日(日)「れんこん祭」が開かれる。
  7. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  8. 新鮮野菜などを安価で販売する「菜楽園直売所」(土浦市)の収穫祭が、11月17日(日)開かれる。
  9. 守谷市内で活動する若い世代を中心としたバンドが参加する「ヤングもりやミュージックフェスタ」が、11月17日(日)午後1時から同市市民交流プラザで開かれる。
  10. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月10日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  2. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「れんこん祭」
  2. 「わたしの手」テーマに高齢者アート体験
  3. 11月17日「フェスティバル神立」
  4. 11月16日、守谷で「ふくしまつり」
  5. 11月17日、菜楽園直売所の「収穫祭」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー