茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年9月) > 旬野菜、たっぷり手軽に
印刷表示
2019年9月24日(火)

旬野菜、たっぷり手軽に

きのか蔵がオリジナルスープ発売

「orina」秋のスープイメージ
「orina」秋のスープイメージ

「紫峰」で知られる柴沼醤油醸造(土浦市)18代・柴沼秀篤さん(39)がプロデュースする調味料ブランド「きのか蔵」では、このほど旬の地元野菜を使用したオリジナルスープを開発。自社ホームページ上での発売を開始した。

「織りなす旬野菜のスープ」というコンセプトから「orina」と名付けられたスープは、土浦で有機農業に取り組む久松農園などの野菜を使用し、つくば市内のカフェ・オハナの女性スタッフが手作りで製造。

化学調味料や着色料、保存料は無添加で、季節ごとに3種を用意する。スープ1食としては大容量の240グラム入りながら200キロカロリー以下に抑え、ゴロゴロとした食感や満腹感にもこだわった。

「地元農家支援のため、豊作や見た目が悪いなどの理由で廃棄される野菜も使用しています。旬ならではの野菜そのものの味を味わってもらえたら」と柴沼さん。

9月〜11月は「かぼちゃとレンズ豆のインド風スープ」「玉ねぎとかぶのオニグラスープ」「ちゃんこねぎとじゃがいものベジポタージュ」を数量限定で販売。6食セット(3600円)、12食セット(6000円)。各税別。冷凍配送料込み。オハナでも販売している。

■問い合わせ
Tel 03(5846)8473/きのか蔵

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-09-24 10:30:50 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-13更新 ]
  1. 守谷市内で活動する若い世代を中心としたバンドが参加する「ヤングもりやミュージックフェスタ」が、11月17日(日)午後1時から同市市民交流プラザで開かれる。
  2. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  3. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  4. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  5. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  6. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月10日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
  7. 関鉄観光が、現地ガイドと行くバスツアー「秦野ハイキング&日帰り入浴」の参加者を募集している。
  8. 自転車とアートのコラボイベント「サイクルアートフェスティバル」が、11月17日(日)取手競輪場で開かれる。
  9. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、メイン料理を2品楽しめる新ランチメニューの提供を開始した。
  10. 「まっくら観音」で知られる勝福寺内はるかぜ墓苑が、永代供養がセットで30万円の墓所の販売を開始した。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  2. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 新ランチメニュー登場
  2. 「補聴器体験会」
  3. 「秦野ハイキング&日帰り入浴」
  4. 「ヤング」なバンドで地域活性化
  5. “高齢過疎地”を襲った台風15号<現地からのレポート>
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー