常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年9月) > 澄み渡るうま味ともっちり麺「あごだしうどん」
地図表示 印刷表示
2019年9月6日(金)

澄み渡るうま味ともっちり麺「あごだしうどん」

龍ケ崎にオープン

食欲が加速する「肉ごぼう天うどん」(750円)
食欲が加速する「肉ごぼう天うどん」(750円)

切りたて、茹でたてのうどんを提供する「あごだしうどん」がこのほど龍ケ崎市寺後にオープンし、幅広い年齢層に好評を得ている。

毎日自家製する麺は、香川産小麦粉「さぬきの夢」を100%使用。歯ごたえがありながら、もっちり食感の讃岐風太麺に、琥珀色に澄んだつゆを合わせたうどんが特徴。ダシ汁にアゴ(トビウオ)をふんだんに使うほか、イリコやサバ、かつお節、昆布なども加え奥行きのある味わいに仕上げている。

看板商品の「あごだしうどん」(450円)ほか、釜揚げ、カレー、季節ものなど多彩なバリエーション。博多うどんの定番「ごぼう天」やつくば鶏使用の「鶏天」などトッピングの脇役たちも優秀。「安くて、うまい」はもちろんのこと、各地のいいとこ取りをしている。カフェ風の店内は女性一人でも利用しやすく、食後もついつい長居したくなる居心地の良さ。

「一番人気は、ごぼう天と甘辛く煮込んだ、たくま豚のバラ肉を乗せたうどんです。無敵のコラボをどうぞ」と店主。

営業時間/午前11時〜午後3時(LO 2時半)。火曜定休。

■問い合せ
Tel 0297(63)5411/同所(龍ケ崎市寺後3471-8)

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-09-06 10:30:24 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-12更新 ]
  1. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  2. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  3. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  4. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  5. 自転車とアートのコラボイベント「サイクルアートフェスティバル」が、11月17日(日)取手競輪場で開かれる。
  6. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月10日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
  7. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビングが、看板商品の「自然素材住宅・どんぐりの家」のモニターハウスを11月30日(土)まで募集している。
  8. 「まっくら観音」で知られる勝福寺内はるかぜ墓苑が、永代供養がセットで30万円の墓所の販売を開始した。
  9. 取手市出身の写真家A-CHAN(本名古田あゆみさん)を講師に招くワークショップが、12月1日(日)同市ふじしろ図書館で開かれる。
  10. 県内の工務店が参加する「木のこの木のいえ展」が、11月16日(土)と17日(日)リクシルつくばショールームで開かれる。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
  2. 企画展「予科練の心情—手紙と日記を読む」が、12月15日(日)まで阿見町の予科練平和記念館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. “高齢過疎地”を襲った台風15号<現地からのレポート>
  2. 自然素材住宅「どんぐりの家」モニターハウス5棟募集
  3. 永代供養もセットの墓所好評
  4. 今年も華やか「土浦・水郷桜イルミネーション」
  5. 自転車×アートのコラボイベント
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー