常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 茨城国体セーリング競技「後押ししたい」
2019年8月30日(金)

茨城国体セーリング競技「後押ししたい」

阿見町の3姉妹バンド みならいモンスター

阿見町を全国にPRする「あみ大使」として活動する3姉妹バンド「みならいモンスター」が、9月に同町で開かれる茨城国体セーリング競技のオリジナルイメージソングを制作。1日はミニアルバムをリリースするなど、結成10年を迎え躍動する3人は「地元愛」を原動力に走り続ける。


8月4日の「まい・あみ・まつり」ステージで演奏する唯音さん、彩乃さん、未来実さん(左から、事務所提供)

「みならいモンスター」は阿見町出身の長女・及川彩乃さん(22歳、ドラム)と、双子の未来実(みくみ)さん(次女・21歳、ボーカル&ギター)、唯音(ゆいね)さん(三女・21歳、ボーカル&ベース)の3姉妹で構成するロックバンド。ファンから「みなモン」の愛称で親しまれるバンド名には「将来、日本を代表するほどのモンスターバンドになる」という思いを込めた。

80年代をほうふつとさせるロックサウンドが魅力のポップな曲と「等身大」の詞は、いずれも3人の合作。それぞれの楽器を奏でながらメロディーを先に作り、後から歌詞を乗せていく。「最も大切にするのは言葉の響き。歌いやすさと聴きやすさを目指し、みんなが納得するまで意見を出し合いながら作っている」と未来実さん。これまでに20曲を完成させ、シングル・ミニアルバム・フルアルバムで計10枚のCDをリリースした。

きっかけは「父」

2009年彩乃さんが中学に入学。当初はバドミントン部を考えていたが、好きだったアニメの影響で「吹奏楽部」に入部。父が購入してくれた電子ドラムに夢中になったが、「実は父自身が欲しくて買ったんですけどね。勝手に何となくたたいていたら楽しくなって」。ドラムをはじめたら次は当然バンドだと友人を勧誘したものの「メンバーが全然集まらなかった」。ふと自分の周りを見ると当時小5の妹、未来実さんと唯音さんがいた。試しに声を掛けてみると双方とも快諾。「みならいモンスター」誕生の瞬間だった。

全員素人だったが、ギターやベースなどそれぞれの担当楽器を決め、ギターが趣味だった父から手ほどきを受けた。同居家族の利点を生かし3人で毎日練習を重ねるうちに演奏の腕はみるみる上達。楽器店からのオファーで出演したイベントライブを契機に、活動開始からわずか1年後には都内ライブハウスなどで本格的な活動をスタートした。

以降、都内中心に活動を続けていたが、阿見町を拠点にしていることから「地元に愛してもらえる3姉妹バンドを目指そう」と地域のイベントなどに積極的に参加するよう心掛けた。

「あみ大使」として


水戸ホーリーホックの練習場でMVを撮影した縁で「応援しています」と3人

地元で続けた地道な音楽活動は思わぬ形で結実した。前阿見町長の目に留まり、2016年8月、5年の任期で阿見町を全国にPRする「あみ大使」に任命された。霞ケ浦高校(同町青宿)の選手も出場する来月開催の「いきいき茨城ゆめ国体2019」セーリング競技のイメージソング制作依頼を受け、約1年かけてオリジナル曲「Keep on sailing〜夢に向かって〜」が完成。「心に響く曲が仕上がったと思う」と3人。同曲は今月主催した地元アーティストとの共演イベント「阿見フェス」や同町夏の風物詩「まい・あみ・まつり」などで披露し、希望に満ちた歌詞と曲調、ストレートでピュアな歌声を観客に届けた。

9月1日(日)には4曲入りミニアルバム「take my heart」をリリースし、記念ワンマンライブを東京・新宿で開催。夢はビッグイベントで大観衆を前に演奏するモンスターバンドだが「あみ大使」としての活動をおろそかにするつもりはない。「地元発信のイベントをこれからも大切にしたい。年内にもう1回『阿見フェス』を開催できたらいいな」

関連コンテンツ
Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
最新の一面記事
  1. プロから社会人に「復帰」
  2. 飲めばこの街、好きになる
  3. 茨城国体女子ラグビー 県勢が初出場
  4. 民間主導の「被災地ツアー」好評
  5. 「花の運河」育てて33年
注目の記事
  1. 現代アート造形作品を野外に展示する美術展「ART SESSION TSUKUBA2019」が、11月10日(日)まで平沢官衙遺跡や神郡・臼井地区で開かれている。
  2. プロ野球のドラフトや選手の去就が話題になる中、横浜DeNAベイスターズから社会人硬式野球のJFE東日本へと活躍の舞台を移した須田幸太選手が、10月25日開幕する日本選手権に臨む。9年ぶりに復帰した古巣で年長者としてチームを引っ張りながら、7月の都市対抗大会初優勝に続く「夏秋連覇」に挑戦する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. みずほの村市場「村まつり」
  2. 土浦一高美術部OB同窓展
  3. つくば国際ペット専門学校の「犬友祭」
  4. 洞峰公園を歩こう・走ろう会
  5. さまざまな「心の悩み」に対応
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング