常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年8月) > 鈴木三木三郎没後100年で企画展
地図表示 印刷表示
2019年8月26日(月)

鈴木三木三郎没後100年で企画展

かすみがうら出身の新選組隊士

大原重徳から下賜された軍扇などが並ぶ
大原重徳から下賜された軍扇などが並ぶ

没後100年を迎えるかすみがうら市出身の新選組隊士鈴木三木三郎の未発表資料を展示する企画展が、10月20日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

実兄で新選組参謀を務めた伊東甲子太郎の後を追った三木三郎が勤王の志士として自立し、さまざまな人脈を頼りに生きていく様子を、昨年鈴木家から寄託された書簡や写真、掛け軸などからひも解く。

勤王の志に感心し国許の母へ送るよう公卿大原重徳から下賜された短冊や手紙のほか、近藤勇らに異を唱え孝明天皇の御陵衛士として活動した際に国難回避策として朝廷・幕府の両方に提出した建白書の草稿を展示。

甲子太郎が油小路で暗殺されてからは薩摩藩との縁で新政府軍の軍曹となり、県令の三島通庸を慕って山形県の警察官になった三木三郎は1881年(明治14)明治天皇の山形県行幸の警備責任者としての任を果たした。
入館料一般210円、小中生100円。月曜休館。

■問い合わせ
Tel 029(896)0017/同館

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-08-26 09:30:31 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-13更新 ]
  1. 守谷市内で活動する若い世代を中心としたバンドが参加する「ヤングもりやミュージックフェスタ」が、11月17日(日)午後1時から同市市民交流プラザで開かれる。
  2. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  3. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  4. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  5. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  6. 関鉄観光が、現地ガイドと行くバスツアー「秦野ハイキング&日帰り入浴」の参加者を募集している。
  7. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、メイン料理を2品楽しめる新ランチメニューの提供を開始した。
  8. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月10日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
  9. 自転車とアートのコラボイベント「サイクルアートフェスティバル」が、11月17日(日)取手競輪場で開かれる。
  10. 「まっくら観音」で知られる勝福寺内はるかぜ墓苑が、永代供養がセットで30万円の墓所の販売を開始した。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  2. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 新ランチメニュー登場
  2. 「補聴器体験会」
  3. 「秦野ハイキング&日帰り入浴」
  4. 「ヤング」なバンドで地域活性化
  5. “高齢過疎地”を襲った台風15号<現地からのレポート>
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー