地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年08月27日掲載

江戸流手打ち蕎麦「鵜合之衆」

手打ちそばの魅力伝える

小町の館で開かれた手打ち蕎麦(そば)教室の様子
小町の館で開かれた手打ち蕎麦(そば)教室の様子

土浦市小野の小町の館を拠点とする「江戸流手打ち蕎麦・鵜合(うごう)之衆」は、そば打ちの基本技術や道具に関する知識を深めながら手打ちそばの魅力を一般に広める活動をしている。

江戸流手打ちそば「鵜の会」茨城支部として発足した同会は、師と仰ぐ上野薮そば三代目鵜飼良平さんと全国素人そば打ち名人大会第11代名人落合輝美さんにちなんだ「鵜合之衆」の名称で独立。そば文化に関する事業を行う全麺協認証のそば打ち道場となった2014年8月以降は、技術の伝承活動にも力を入れている。

現在は50代〜70代を中心に男女14人の会員が在籍し、同館で実施するそば打ち教室(第1・3日曜)や、つゆの作り方や盛り付けも学ぶ研さん会(第2・4日曜)のほか、施設や地域のイベントなどで熟練の腕を振るっている。

同会がそば粉8と小麦粉2と水で手打ちする二八そばは、「かまずにのど越しを楽しむ」のが粋といい、「そば打ちは奥が深くて難しいからこそ腕を上げたくて続けられる。香りや風味を楽しみながら、和気あいあいと楽しんでいます。今の悩みはメンバーの高齢化。若い世代にも参加して欲しい」と同会。新規会員は随時募集している。

■問い合わせ
080(5375)9639/一般社団法人全麺協正会員鵜合之衆代表・小野さん

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-08-27 09:30:00 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-05-26更新 ]
  1. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  2. 「まっくら観音」として知られる勝福寺(河内町)が、手づくり布マスクを5月23日(土)と30日(土)午前9時から同寺駐車場で無料配布する。
  3. 新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさんにポイントを聞きました。
  4. 新型コロナウイルスの影響により医療現場等で消毒用アルコールの在庫が不足していることを受け、浦里酒造店がこのほどつくば市に高濃度アルコール120本を寄贈した。
  5. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  6. かすみがうら市では、無料通信アプリ「LINE」を使ったシティプロモーションを今月から開始したのに合わせ、5月31日(日)まで市民参加型のプレゼント企画を実施している。
  7. みほーすと一緒に、運動不足を解消しよう―。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長引く中、美浦村では日常生活の中でできる「巣ごもり体操」の動画をこのほど制作。村HP内で公開している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP