地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年08月27日掲載

8月29日から「こども食パン」販売開始

小学生「ヒット商品」開発に挑戦

完成した「こども食パン」を手に(キッズクリエーション提供)
完成した「こども食パン」を手に(キッズクリエーション提供)

つくば市内の学童に通う小学生が企画したパンがこのほど商品化され、8月29日(木)に市内店舗で子どもたちが販売する。

企画したのは、英語環境での幼児教育を行うキッズクリエーションつくば(同市桜、宮嶋さやか代表)の学童保育クラスに通う小学生22人。チームで課題を解決するプロセスを学ぶ「探究プログラム」の一環で5月から「毎日食べても飽きない食パン」の開発に取り組んできた。

当初は「ハサミパン」「おみくじパン」など自分らが作りたいアイデアばかりだったが、「普段食べている食パンの耳が嫌い」というつぶやきからヒントを得てパン職人の意見も参考に企画を練ってきた。

税理士から値段の仕組みやマーケティングなどについても学習した子どもたちは、先月中旬に豆腐ベースの耳まで軟らかな生地にチョコレート、レモン、ニンジンのフレーバーを加えた試作品を試食。味や見た目、食感などに点数をつけ、ポップやキャッチコピーなどの宣伝方法にも話題が及んだ。

宮嶋さんは「プログラムを重ね子どもたちは顧客目線になっていった。難題を解決することは面白いと思ってもらえたのでは」と手応えを感じている。

「こども食パン」は29日(木)午前10時からぷーぱん(同市さくらの森6-1)で子どもたちによる店頭販売が行われる。プレーン(180円)、チョコ、キャラメル、ブラックベリー、レモン、にんじん、ごはん(以上各200円)の7種が日替わりで2〜3種ずつ登場する。店舗の通常営業は毎週金土日のみ。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-08-27 10:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-06-04更新 ]
  1. 「本格江戸前寿司を自宅で楽しめる」と、福鮨つくば店のテークアウトが好評を得ている。
  2. 利根町の寝具縫製工場「センショウ」が、ガーゼマスクの製造販売を開始した。
  3. つくば市のピュアリーエフが、背中の歪みで悩んでいる人に「背中セラピー機器半額体験」を実施している。
  4. 天然素材を使用し、製綿から仕立てまでを自社一貫で行う「ふとんのマスダ」では、羽毛布団リフォームや綿布団の打ち直しが好評を得ている。
  5. 一級建築士事務所「Beハウス」が、プロによる自宅出張DIYサポートを実施している。
  6. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  7. 新日本補聴器センター土浦店では、6月の補聴器月間に合わせた「聞こえの相談会」を6月30日(火)まで開催している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP