印刷表示
Joyoliving News : 2019年08月01日掲載

ほろ苦く爽やか

茨城大生開発、「福来みかん」サイダー好評

「福来サイダー」を手にする西澤秀朗さん(左)と大学職員田村亮輔さん=茨城大学阿見キャンパス
「福来サイダー」を手にする西澤秀朗さん(左)と大学職員田村亮輔さん=茨城大学阿見キャンパス

茨城大学農学部の学生約20人によるグループが筑波山麓産「福来(ふくれ)みかん」を使ったご当地サイダーを開発。キャンパスがある阿見町のイベントなどで好評を得ている。

「福来サイダー」は福来みかん独特の酸っぱさやほろ苦さが生きた味わいで、澄んだエメラルドグリーンの色合いは収穫時の未熟な実をイメージしているという。「お酒の割り材としても使えます。あえて苦味を出すなど、他にはないものにこだわりました」と、「茨大炭酸部」メンバーの3年西澤秀朗さん(20)。

昨春、「商品開発を通して学生の社会勉強や地域連携を」という同大学職員の田村亮輔さん(39)の呼び掛けにより、プロジェクトがスタート。学生が教員らに資金を募って活動費をやりくりしながら、昨年秋に熟す前の果実約50キロを山麓の農家で収穫し製造業者に納品。3度の試飲を含め、細かなやり取りを重ねたことで納得の味に仕上がった。

初年度は200ミリリットル瓶入り約2500本を製造。ネット販売分は予定数を終了し、町内居酒屋など2カ所で提供中。8月3日(土)町総合保健福祉センター周辺で開かれる「まい・あみ・まつり」会場で販売予定。「たくさんの人に知っていただき、商品を通して地域を盛り上げたい」と西澤さん。活動詳細はフェイスブック「茨大炭酸部」で検索。

記事配信 [ 2019-08-01 09:30:09 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-05-26更新 ]
  1. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  2. 「まっくら観音」として知られる勝福寺(河内町)が、手づくり布マスクを5月23日(土)と30日(土)午前9時から同寺駐車場で無料配布する。
  3. 新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさんにポイントを聞きました。
  4. 新型コロナウイルスの影響により医療現場等で消毒用アルコールの在庫が不足していることを受け、浦里酒造店がこのほどつくば市に高濃度アルコール120本を寄贈した。
  5. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  6. かすみがうら市では、無料通信アプリ「LINE」を使ったシティプロモーションを今月から開始したのに合わせ、5月31日(日)まで市民参加型のプレゼント企画を実施している。
  7. みほーすと一緒に、運動不足を解消しよう―。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長引く中、美浦村では日常生活の中でできる「巣ごもり体操」の動画をこのほど制作。村HP内で公開している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP