常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年7月) > ブルーベリー摘み体験、つくばで開催中
地図表示 印刷表示
2019年7月5日(金)

ブルーベリー摘み体験、つくばで開催中

甘酸っぱくて「おいしいね」

摘みたてに笑顔を見せる参加者=6月29日、つくば市高崎自然の森
摘みたてに笑顔を見せる参加者=6月29日、つくば市高崎自然の森

旬を迎えたブルーベリーの摘み取り体験がつくば市高崎自然の森で行われ、家族連れなどが取れたての味を楽しんでいる。

つくば特産のブルーベリーをPRしようと、市内生産者約30人で構成する協議会と同市が恒例で開催。園内で栽培される約100本のうち、たわわに実ったハイブッシュ系の紺紫色の果実を前に生産者から「黒っぽく濃い色を選んで」というアドバイスを受けると、参加者は次々と枝に手を伸ばし「甘くておいしい」と歓声を上げた。

家族で初めて訪れたという市内の宮風ケ輔さん(45)は「自然の中で摘みたてを食べるのはいいですね。実の色づきもいろいろで、見極めながら取るのも楽しい」と話していた。

同協議会メンバーによると、7月中旬頃からはラビットアイ系が収穫期に入る見通し。同公園での摘み取り体験(持ち帰り不可、小学生以上1人200円)は8月17日までの土曜。雨天中止。市内各農園でも摘み取り体験を行っている。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-07-05 09:30:11 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-10-14更新 ]
  1. 三重県津市にある料亭寿美家(明治45年創業)の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」。
  2. 星野リゾート(星野佳路代表)が運営するホテル「星野リゾート BEB5 土浦」が「プレイアトレ土浦」に来年3月19日(木)開業する。
  3. スペイン料理「Cambio」では、看板メニューの「魚介のパエリャ」をはじめ、上質な料理や飲み物を提供している。
  4. 「パティスリー ルミナス」には、芋や栗、かぼちゃなど旬の素材をぜいたくに使用した季節限定のケーキや生菓子、焼き菓子などが多数店内に並ぶ。
  5. 囲碁や将棋、オセロなどおなじみのゲームほか世界中のボードゲームが豊富にそろう「Board Game Cafe Shamrock」では、子どもから大人まで幅広い世代が飲食しながら楽しめる。
  6. つくだにとうなぎの専門店「小松屋」では、肉厚の国産活うなぎを深蒸し後、店内で職人がタレにつけては焼きを繰り返し、中はふっくら、外は香ばしく仕上げたランチ限定「うな重」を提供している。
  7. 「活魚・江戸前 寿し龍」では、旬のカツオや脂がのった中トロ、カンパチなど本格寿司のうま味が満載の「秋のお散歩セット」を期間限定で提供している。
  8. 「ウィーン菓子 シーゲル」は、ウィーンの宮廷御用達「ゲルストナー」の技術と味をつくばで伝える人気店。
  9. 10月12日(土)から始まる全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」に、障害がある選手や観客をサポートする400人の情報支援ボランティアが参加する。全体を担う茨城県手話通訳者協会会長の吉原守利さんも現場で活動。選手や観客に良い思い出を持ち帰ってもらいたいと「裏方」として大会を後押しする。
  10. 筑波山麓秋祭り2019参加イベントの「筑波山麓ジャズ・セッションフェスティバル」が、11月2日(土)つくば市内の古民家で開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 10月26日(土)に開かれる土浦全国花火競技大会に向け、土浦市のさくらガーデンが弁当の予約を開始した。
  2. モンゴルの輸入雑貨や健康食品を扱う「モンゴルアンテナショップMON」が、10月1日(火)つくば市の洞峰公園前に移転オープンする。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 秋の味覚をスイーツで…
  2. ボードゲームが楽しめるカフェ
  3. 一度食べたらまた行きたくなる
  4. つくばから多分野アートを発信
  5. 期間限定!「秋のお散歩セット」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー