常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年7月) > 「わが子に食べさせたい」愛情弁当が村民に好評
地図表示 印刷表示
2019年7月3日(水)

「わが子に食べさせたい」愛情弁当が村民に好評

美浦、農産物直売所のイートイン

「笑いが絶えない職場です」と笑顔の母ちゃんたち=6月14日、美浦村宮地
「笑いが絶えない職場です」と笑顔の母ちゃんたち=6月14日、美浦村宮地

みほふれ愛プラザ(美浦村宮地)農産物直売所内イートインコーナー「かあさんの台所」が、村民らの人気を得ている。細部まで手作りにこだわった弁当や総菜が好評で、「美浦の野菜をたくさん食べて元気になってほしい」と元気印の母ちゃんたちが腕をふるっている。

同店は2年前の春、同プラザ開所に合わせJA茨城かすみが運営する直売所内にオープン。開店前には店の責任者浅野千鶴子さん(63)ら立ち上げメンバーが各県の道の駅などを食べ歩き、地元の農産物に合う味付けなどについて話し合ってきた。

店で使う米やマッシュルーム、パプリカなどはもちろん、キュウリ、とうもろこし、ナス、トマトなど夏野菜本番の今は使用する野菜の7〜8割が美浦村産で、地産地消に一役買っている。

また、カボチャやニンニクなど稲敷郡の素材も使いおにぎりや弁当、メンチや空揚げ、ナムルなどを提供し、弁当の漬物まで手作りというこだわりよう。一日に訪れる客は平均80〜100人程度だが、昼時ともなればいつも長蛇の列。

競走馬の牧場を経営する坂本幸子さんは「外国人の従業員にきちんとした食事を取ってもらいたい」と毎週弁当を購入。「知っている人が作るものだから安心」と話す加藤圭子さんは村内で歯科医院を経営。週2回、従業員にパンや弁当を買っていくという。浅野さんは「『母親が子どもに食べさせたいもの』を提供しようという気持ちで仲間と頑張っています。美浦村に来た際にはぜひお立ち寄りください」と話している。

「かあさんの台所」は午前9時半〜午後6時。水曜定休。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-07-03 08:30:04 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-08-23更新 ]
  1. つくばみらい市の焼きたてパンの店「ブルーマロン」が、8月24日(土)同市紫峰ケ丘に移転オープンする。
  2. 実験や工作を通して環境や科学を楽しく学ぶイベントが、8月24日(土)土浦市の霞ケ浦環境科学センターで開かれる。
  3. 県南在住の砂絵作家ミゥラさん(本名小田島夢実さん)の作品展が、8月25日(日)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
  4. 「ピエロの画家」として有名な土浦市出身の洋画家塙賢三さんの作品展が、9月16日(月)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
  5. 夏休み中の小中学生向けの催しが、8月18日(日)と24日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
  6. つくばの夏の祭典「まつりつくば」が、8月24日(土)と25日(日)つくば駅周辺で開かれる。
  7. 認知症と生活・地域環境について学ぶ公開講座が、9月8日(日)つくば国際会議場で開かれる。
  8. 篠屋木材工業の「平屋コートハウスの完成見学会」が、8月24日(土)と25日(日)つくば市今鹿島地内で開かれる。
  9. 築40年の民家をリノベーションしたハウジング重兵衛の展示場が、牛久市に完成し、8月24日(土)と25日(日)見学会が開かれる。
  10. 来館者が寄せるメッセージで大きな紙の「木」を作り上げるワークショップが、9月1日(日)まで阿見町立図書館で行われている。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 千葉県柏市にある介護付き有料老人ホーム「サンシティ柏」での暮らしを垣間見る「無料昼食付きバス見学会」が、9月6日(金)同所で開かれる。
  2. 夏休み中の小中学生向けの催しが、8月18日(日)と24日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ブルーマロンが移転
  2. ミゥラさん「砂絵展」
  3. ピエロの画家「塙賢三展」開催中
  4. 学ぼう「認知症と生活・地域環境」
  5. リノベーション展示場見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー