印刷表示
Joyoliving News : 2019年06月19日掲載

牛久沼フォトコンテスト

龍ケ崎市が作品募集

龍ケ崎市では、牛久沼の自然などを題材にしたフォトコンテスト作品を募集している。

まちづくりの一環として沼の利活用に取り組む同市が「四季を彩る牛久沼」をテーマに開催。入選作は市が作成する来年のカレンダーに採用され、副賞として市の特産品が贈られる。プロ・アマ、市内外問わず1人5点まで応募可、結果は10月発表予定。

応募は同市HPからダウンロードした応募票を作品裏に貼付し同市道の駅・牛久沼プロジェクト課まで郵送または持参する(8月20日(火)締め切り)。

■問い合わせ
0297(64)2751/龍ケ崎市道の駅・牛久沼プロジェクト課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-06-19 08:30:16 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-05-28更新 ]
  1. 「まっくら観音」として知られる勝福寺(河内町)が、手づくり布マスクを5月23日(土)と30日(土)午前9時から同寺駐車場で無料配布する。
  2. 新型コロナウイルスの影響により在宅期間が長くなっているこの機会を、普段なかなか手入れが行き届かない場所を掃除する時間に当ててみませんか。家庭の掃除や片付けに詳しい山口かなさんにポイントを聞きました。
  3. 新日本補聴器センター土浦店では、6月の補聴器月間に合わせた「聞こえの相談会」を6月30日(火)まで開催している。
  4. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくばが、第166期スクール生を募集している。
  5. 新型コロナウイルスの影響により医療現場等で消毒用アルコールの在庫が不足していることを受け、浦里酒造店がこのほどつくば市に高濃度アルコール120本を寄贈した。
  6. 守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。
  7. みほーすと一緒に、運動不足を解消しよう―。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長引く中、美浦村では日常生活の中でできる「巣ごもり体操」の動画をこのほど制作。村HP内で公開している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP