常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年6月) > 吃音で悩む小中高生と保護者対象
印刷表示
2019年6月12日(水)

吃音で悩む小中高生と保護者対象

筑波大で6月16日に交流会

「『ゆう』は吃音の人が発音しやすい言葉の一つ」とメンバーの遠藤優さんと澤井さん(右から)=5月23日、筑波大学
「『ゆう』は吃音の人が発音しやすい言葉の一つ」とメンバーの遠藤優さんと澤井さん(右から)=5月23日、筑波大学

つくば市内で毎月1回、吃音(きつおん)症の子ども対象の交流会を行ってきた「ゆうゆうゆう会」がこのほど筑波大学内に拠点を移し、学生らが主体となって運営を続けている。同会では「悩みを共有し仲間を見つけてほしい」と参加を呼び掛けている。

同会は2014年、吃音者らが集う「茨城言友会」の支援を受け設立。言語聴覚士の千本恵子さんが春日交流センターを拠点に交流の場を設けていたが、今年3月惜しまれつつ終了。後を引き継いだ同大修士1年の澤井雪乃さん(23)が指導教官に勧められ再開が決まった。

澤井さんも幼い頃から吃音で苦しんできた一人。授業中の発表や友達との会話で言葉に詰まることで症状を自覚。吃音の明確な原因はいまだ特定されておらず、言葉を繰り返す「連発」、引き延ばす「伸発」、詰まって出て来ない「難発」のほか、個別に「言いにくいワード」があり「症状の波が自ら制御できない」と澤井さん。発表の際はたとえ台本があっても詰まることが多く、「引っ込み思案」「緊張しい」「事前の準備不足」などと短絡的な解釈をされることもあるという。

5月に初めて大学内で開かれた交流会には小学生4人と高校生2人、おのおのの保護者が参加。言語聴覚士やことばの教室(言語障害のある子ども向けの通級指導教室と特別支援学級の通称)教諭のほか、大人の吃音者も交えて学校でのいじめや周囲の理解不足、わが子の成長をどう見守るかなどを話し合い、ボードゲームなどで楽しんだ。

現在大学で社会言語学を学び、発病の原因や対処方法、リズムや間の取り方などを研究する澤井さん。「吃音は100人に一人の割合で存在します。大学内で悩んでいる学生も巻き込んで活動の輪を広げていきたい」と話している。

「ゆうゆうゆう会」は毎月第3日曜の午前10時〜正午に同大人間学系棟B114およびA111で開催。参加費200円(軽食・飲み物代)。次回は6月16日(日)に開催。

■ Mail

記事配信 [ 2019-06-12 09:30:46 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-07-17更新 ]
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
  3. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、8月31日(土)まで人気メニュー「ホテル会員限定ランチコース」に高級料理の「北京ダック」を付けて提供する。
  4. 湖上に真っ白い帆を掲げた勇壮な姿が見学船から間近で見られる観光帆引き船の通常操業が今月から行われるのを前に、かすみがうら市観光協会では乗船希望者を募集している。
  5. 手づくり作家が一堂に会する「クラフトマルシェ」が、7月13日(土)と14日(日)ABCハウジング土浦住宅公園で開かれる。
  6. つくば市の花畑近隣公園プールが今年もオープンし、親子連れを中心ににぎわっている。
  7. 獲物を狙う動物たちの「技」にスポットを当てた企画展「狩―ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿―」が、9月23日(祝)まで坂東市のミュージアムパーク茨城県自然博物館で開かれている。
  8. 山と海両方のレジャーが楽しめる茨城県は、欲張りさんも大満足の観光地。多くの登山者が訪れる一方、海水浴場は13日から続々と海開きを迎えます。それぞれの魅力や忘れがたい思い出を、小学生から80代までの282人に緊急調査しました。
  9. 常陸大宮市の旧山方町地域で生産されている「西ノ内和紙」を使った作品展が、7月17日(水)〜21日(日)まで県つくば美術館で開かれる。
  10. 毎年多くの家族連れでにぎわう「ホテルレイクサイドつくば」のプールが、7月13日(土)〜9月1日(日)までオープンする。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ホテル会員限定ランチコース
  2. 今月から観光帆引き船操業
  3. プールオープン
  4. 自然界の「ハンター」の技に迫る
  5. 7月17日から、県産和紙を使った作品展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー