常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年5月) > つくばみらい市伊奈東地区にオープン
地図表示 印刷表示
2019年5月24日(金)

つくばみらい市伊奈東地区にオープン

子どもから高齢者まで集えるサロン

ボランティアの作った食事を味わう親子=5月16日、つくばみらい市伊奈東
ボランティアの作った食事を味わう親子=5月16日、つくばみらい市伊奈東

つくばみらい市伊奈東地区の住民らが地域交流の場として企画した「ほっこりサロン&子ども食堂」がこのほどオープンし、世代を超えた交流を楽しんでいる。

同市では、団塊の世代が75歳を超える令和7年までに、住民主体による身近な地域での助け合い・支え合い活動を活発化させようと市内5地区に「地域協議体」を設立。月1回の会合で必要な支援などを話し合っている。

このうち伊奈東地区では高齢者の孤立や引きこもり、子どもの孤食などの問題が浮上。「大人から子どもまで世代を問わず交流できる場を提供したい」とサロンと子ども食堂が提案されたところ、市内在住の夫婦が空き家を提供。ボランティアが清掃や水道の修繕、庭木の剪定(せんてい)を行い地域の憩いの場としてこのほど利用が開始された。

オープン当日は地域の年配者が立ち寄り食事や会話を楽しんだほか、調理ボランティア団体の会員が「今後どんなメニューがあるといいか」など交流する場面も。

就学前の息子3人と訪れた朝泰江さんは「子どもが地域の大人と交流できるのはとてもいい経験。次回は友達も誘いたい」と話していた。サロンでは今後高齢者向けの体操などさまざまなイベントを開催予定。

サロン(伊奈東43-5)の利用は無料、子ども食堂は小中高生100円、大人200円。いずれも毎月第1・3木曜の午後1時〜午後6時までで利用は市内在住者のみ。

■問い合わせ
Tel 0297(25)2101/つくばみらい市社会福祉協議会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-05-24 09:30:51 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-15更新 ]
  1. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  2. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  3. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  4. JA全農いばらき直営農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店で、11月16日(土)と17日(日)「れんこん祭」が開かれる。
  5. 新鮮野菜などを安価で販売する「菜楽園直売所」(土浦市)の収穫祭が、11月17日(日)開かれる。
  6. JA水郷つくばの農産物直売所「愛菜園」恒例の大収穫祭が、11月16日(土)開かれる。
  7. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  8. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  9. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  10. 神立商工振興会に加盟するJR神立駅近くの飲食店など17店が、神立の地名にちなんだ「神盛り」と称した大盛りメニューを作成し、好評を得ている。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  2. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「れんこん祭」
  2. 「わたしの手」テーマに高齢者アート体験
  3. 11月17日「フェスティバル神立」
  4. 11月16日、守谷で「ふくしまつり」
  5. 11月17日、菜楽園直売所の「収穫祭」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー