地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年05月09日掲載

「令和シャクヤク」見頃

つくば牡丹園

新元号にちなみ「令和」と名付けられたシャクヤク
新元号にちなみ「令和」と名付けられたシャクヤク

「つくば牡丹園」では、ボタンやシャクヤク約6万株が順次開花。今年も5月26日(日)までの限定で開園し、訪れる人の目を楽しませている。

同園は1989年設立の日本最大級の牡丹園。約2万坪の敷地には約550種のボタンや約250種のシャクヤクが植栽されている。バリアフリー造成が施されたすり鉢状の特長的な庭づくりは土職人の関浩一さんが約30年間担当。ベテランならではの栽培技術を生かし、無農薬で丹精込めて育てている。
「今年3年連続で咲いた無名ながら美しいシャクヤクに、今回の改元を記念して令和と名付けました。ぜひ一度ご鑑賞にお出でください」と関さん。

営業時間/午前9時〜午後4時半、期間中は無休(荒天時は休園)。入園料は大人1000円、小人(中学生以下)無料。

■問い合わせ
029(876)3660/つくば牡丹園

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-05-09 09:30:53 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-03-28更新 ]
  1. 4月8日のお釈迦様の誕生日を祝う「花まつり」が、3月28日(土)〜4月8日(水)まで牛久大仏で開かれる。
  2. 栗どら・梅どらで知られる志ち乃の「月替わりどら」が、好評を得ている。
  3. ノーブルホームの「まちかど展示場」が土浦市並木5丁目に完成し、3月28日(土)と29日(日)に見学会を実施する。
  4. ハウジング重兵衛の「リノベーション展示場」で、3月28日(土)と29日(日)見学会が開かれる。
  5. アニメ「妖怪人間ベム」「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボレーションした龍ケ崎市のイメージアップポスターがこのほど完成し、JR龍ケ崎市駅などに掲示されている。
  6. 土浦城にゆかりのある全国の城郭図展が、3月29日(日)まで土浦市のがばんクリエイティブルームで開かれている。
  7. 「自然と家族が調和する住まい」を手掛ける夢ハウスの完成・構造現場見学会が、3月28日(土)と29日(日)つくばみらい市と常総市で開かれる。
  8. 昨秋開校した「TSUKUBA学びの杜学園」が、4月生を募集している。
  9. 日本最大級の栽培面積を誇る深作農園では、イチゴ狩りを5月上旬まで毎日開催している。
  10. 牛久市の史跡や名所を案内するボランティア「うしくまちあるきの会」がこのほど始動。「移動歴史民俗博物館」として、養成講座を受講した市民らが市内の歴史や魅力を内外の人々に紹介する。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP