常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 坂監督「チーム一丸、茨城元気に」
2019年4月19日(金)

坂監督「チーム一丸、茨城元気に」

プロ野球球団・茨城アストロプラネッツ 4月21日、土浦で試合

今月6日に開幕したプロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」に初参戦中の茨城アストロプラネッツが、4月21日(日)J COMスタジアム土浦で試合を行う。本県ゆかりの選手らからなるチームでは、セ・パ両リーグのプロ野球(NPB)で通用する選手の育成とスポーツを通した地域貢献のほか、県民に愛される球団を目指して汗を流す。


「野球で笑顔を届けたい」と坂克彦監督(球団提供)

プロ野球球団「茨城アストロプラネッツ」は、山根将大球団代表(31)、ゼネラルマネージャー(GM)、監督、コーチ、選手に至るまでほぼ茨城出身者で固められている。4月6日の開幕戦からの戦績は2勝3敗(16日現在)と負け越しているが、山根さんは「県民に必要とされる球団を目指し、3年以内にリーグ優勝、NPBドラフトで指名される選手を育てたい」と高い目標を掲げている。

球団創設の端緒は2015年夏。大学まで野球一筋だった山根代表は会社員生活から一転、「野球で故郷を盛り上げたい」と運営会社を設立。翌年チーム名が決まり18年7月にBCリーグに加盟した。「県民球団」という位置付けのため特定のホーム球場は持たず、リーグ公式戦70試合のうちホームゲーム36試合はJ:COMスタジアム土浦、牛久運動公園野球場、ノーブルホームスタジアム水戸など16球場で開催される。

「我々のスター」が指揮

現場で指揮を執るのは常総学院高で甲子園を沸かせ、プロ野球では阪神など複数のチームで活躍した坂克彦監督(33歳、かすみがうら市出身)。山根代表から「技術向上はもちろん、人間形成指導も任せている」という全幅の信頼と共に招へいされた。

厳しいプロの世界で、けがなど紆余(うよ)曲折もありながらプレーした10年間の経験を選手に余すところなく伝えている。合同トライアウトやスカウトで集まった24人の所属選手の約半数は、茨城生まれか本県の学校出身。「上(NPB)はしんどいけどやりがいもある。はい上がるには野球への意識を変え、一つひとつ考えて課題をクリアし、NPBに羽ばたいてほしい」と話す。

野球ができる喜び

プロ選手として1シーズン(4〜9月)ごとに契約を結び、野球に専念できる喜びをかみしめる選手たち。寺嶋一也内野手(21歳、守谷高出身)はつくばの社会人硬式野球クラブを経て入団。オールラウンドプレーヤーだった坂監督の指導は「的確で分かりやすい。NPBを目指して頑張る」と前を向く。

石橋利生投手(24歳、霞ケ浦高出身)は野球を仕事にすることにやりがいを感じ「足りない技術を磨きたい」と活躍を誓う。また、水戸短大附高(現水戸啓明高)出身の鴨志田貴司投手コーチ(35)は巨人などでプレー後、会社員生活を送っていたが、5年ぶりに現場復帰。「わくわくしている。全力投球でチームをサポートしたい」

球場で応援して


茨城アストロプラネッツナイン(球団提供)

船出したばかりの県民球団。「前進力」をスローガンに掲げ、多くの人に笑顔を届けるため一丸となって試合に臨む。元中日・オリックスの投手としてのキャリアを買われチームをマネージメントする長峰昌司GM(34歳、水戸商業高出身)は「伸びしろがある選手たちが多く楽しみ。スタンドでの声援が選手とチームを成長させるので、ぜひプレーを見に来てほしい」と球場での観戦を呼び掛けている。

4月21日(日)午後1時からは、J COMスタジアム土浦で群馬ダイヤモンドペガサスを迎え撃つ。入場券全席自由大人1000円、小中生500円、未就学児・障害者手帳所持者無料。


【BCリーグ】
正式名称は「ベースボール・チャレンジ・リーグ」。2007年4月に開幕し、地域スポーツの活性化やプロ野球(NPB)を目指す選手育成などを目的とした独立リーグ。今シーズンは茨城、福島、栃木、埼玉武蔵(埼玉)、群馬、新潟、信濃(長野)、富山、石川、福井、滋賀の11球団が所属。公式戦のほかNPB2軍・3軍交流戦や実業団・クラブチームとのオープン戦なども開かれる。

関連コンテンツ
Ads by Google


グルメムック「この店とまれ」
最新の一面記事
  1. 「令和」改元で便乗ニセ電話詐欺にご用心
  2. 店子へ創業支援、市街地の活性目指す
  3. 家族と庭と、アイロンと
  4. 水辺のスポーツに熱視線
  5. 坂監督「チーム一丸、茨城元気に」
注目の記事
  1. 学生55人によるアート展が、老朽化で使われなくなった学生宿舎・筑波大学平砂宿舎9号棟で6月2日(日)まで開かれている。
  2. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月1日(土)から計8回行われる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2邸同時完成見学会
  2. 津軽三味線の体験教室
  3. 「令和」改元で便乗ニセ電話詐欺にご用心
  4. 6月1日〜9日、土浦で古本まつり
  5. 5月30日から「はぎれ市」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング