常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年4月) > 4月29日「令和」バスツアー 参加者募集中
印刷表示
2019年4月18日(木)

4月29日「令和」バスツアー 参加者募集中

歴代天皇ゆかりの史跡巡り

市制施行を記念して発刊された『空都水郷の土浦』
市制施行を記念して発刊された『空都水郷の土浦』

新元号「令和」公布を前に、県南地域にある歴代天皇の史跡をめぐるバスツアーが4月29日(祝)に開かれる。主催/関鉄観光、企画/常陽リビング社、後援/かすみがうら市教育委員会、土浦市教育委員会、協力/あみ観光協会。

昭和の日に開く「地域再発見バスツアー」では幕末(孝明天皇・慶應年間)、明治、大正、昭和と時代を超えた「天皇家ゆかりのスポット」をかすみがうら市歴史博物館学芸員の千葉隆司さんが添乗し解説。

午前8時50分に牛久駅東口に集合し、明治天皇が近衛砲兵大隊訓練を視察した記念碑、阿見町の茨大農学部キャンパス内の昭和天皇(皇太子時代)お手植えの松、二つの海軍を有した「町の記憶展」開催中の土浦市立博物館では大正13年の昭和天皇土浦行啓を映像を視聴。昼食を挟み、かすみがうら市歴史博物館では新選組・伊東甲子太郎の史料「孝明天皇御陵衛士資料」を見学し、最後は昭和天皇が陸軍大演習を視察された「御野立所」に立ち寄る。

「梅の花にちなんだ元号に思いをはせながら、知的好奇心を満たす地域再発見の旅に出掛けましょう」と主催者。参加費一人6000円(バス・昼食代込み)。希望者は電話で申し込む。定員43人(先着順)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(822)3727/関鉄観光

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-04-18 10:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-20更新 ]
  1. 食と医療のプロを養成するつくば栄養医療調理製菓専門学校(牛久市)の学園祭「つくば晃陽祭」が、11月23日(祝)と24日(日)に行われる。
  2. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  3. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  4. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  5. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  6. デザイン・コスト・健康に優れた家づくりを提唱する古谷ホームの「自然素材をふんだんに使った健康住宅内覧会」が、11月23日(祝)と24日(日)守谷市立沢の現地で開かれる。
  7. フォトグラファーの小松由佳さんを講師に招いた人権教育講演会が、11月23日(祝)午後1時半から常総市生涯学習センターで開かれる。
  8. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  9. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  10. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 看護師のアートフラワー展
  2. 11月23日と24日、晃陽祭
  3. 11月23日と24日、「健康住宅」内覧会
  4. 11月23日、小松由佳さん講演会
  5. かすみがうら市“仲人業”登録者に好評
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー