茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年3月) > 街歩きマップが完成
印刷表示
2019年3月14日(木)

街歩きマップが完成

36匹の「カエル」像探してみて

マップを手掛けたメンバーら
マップを手掛けたメンバーら

つくば市のテクノパーク桜地区に点在するカエルのモニュメントを楽しく紹介する街歩きマップがこのほど完成。作成の中心となった「テクノパーク桜まちづくりを考える会」は、地域の魅力を広める資料としてイベントなどに活用していく。

住民らで構成する同会では、地区の歩道などに静かにたたずむ石やセメント製の「カエル像」を地域資源として活用しようと昨秋からマップ作りを開始した。

メンバーが実際に現地を歩いて調査し「36匹」を発見。よく確認するとポーズや表情も多様だったため、それぞれを腹が膨れた「まんぷくカエル」や、もっと膨れた「超まんぷくカエル」、子ガエルを背負う「おんぶガエル」など特徴に合わせ命名。街を彩る桜や散歩しながら立ち寄りたい店なども盛り込み、今年1月に完成した。

「全体的に、気持ちがウキウキするデザインにしました」とイラスト担当の筑波大学3年高橋理恵子さん(21)。紙マップと合わせ、地区内の筑波大学発ベンチャー企業「中央地学」の協力でスマホ版も作成した。「そこかしこにいるカエルは本当にかわいらしい。このマップで訪れる人や住民が街に愛着を持ってもらえたら」と同会代表の水谷浩子さん(58)。

地元中心に配布するほか、3月17日(日)の商店会イベントで活用予定。詳細はフェイスブック「テクノパーク桜」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-03-14 09:30:47 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-13更新 ]
  1. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  2. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
  3. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  4. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  5. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月10日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
  6. 自転車とアートのコラボイベント「サイクルアートフェスティバル」が、11月17日(日)取手競輪場で開かれる。
  7. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビングが、看板商品の「自然素材住宅・どんぐりの家」のモニターハウスを11月30日(土)まで募集している。
  8. 県内外のアイドルやアーティストがパフォーマンスを披露するイベントが、11月10日(日)JR石岡駅ステーションパークで開かれる。
  9. 「まっくら観音」で知られる勝福寺内はるかぜ墓苑が、永代供養がセットで30万円の墓所の販売を開始した。
  10. 取手市出身の写真家A-CHAN(本名古田あゆみさん)を講師に招くワークショップが、12月1日(日)同市ふじしろ図書館で開かれる。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 千葉県に激しい被害をもたらした台風15号。その被害の状況やボランティアの様子について伺う講座が、11月15(金)常総市役所市民ホールで行われる。主催/見てみようよ!常総市の会。
  2. フルーツピークスつくば店が「クリスマスタルト」の予約受付を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. “高齢過疎地”を襲った台風15号<現地からのレポート>
  2. 自然素材住宅「どんぐりの家」モニターハウス5棟募集
  3. 永代供養もセットの墓所好評
  4. 今年も華やか「土浦・水郷桜イルミネーション」
  5. 自転車×アートのコラボイベント
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー