地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年02月08日掲載

土浦の「おしゃべりネタ」写真展

思い出、歴史、プチ自慢

行政と市民が連携して企画。市民の会と事務局メンバー
行政と市民が連携して企画。市民の会と事務局メンバー

土浦市民なら誰もが一度は見掛けたことのある「かね喜の親父」

街中にある「話のネタ」になりそうな写真を広く市民から募り、土浦について来場者に思い思いに語ってもらおうというユニークな写真展が、2月16日(土)〜3月10日(日)まで土浦市民ギャラリーで開かれる。午前10時〜午後6時。入場無料。

同ギャラリー開館前に「人と街をアートでつなごう」と市民らが企画立案。行政と連携し、通常は静かに鑑賞する展示ホールを「土浦が好きな人たちでにぎやかにできないか」と主婦や映像作家、学生や元大学教員など実行委メンバーが集い、ツイッターやインスタグラムなども駆使して幅広い世代から作品を募った。

集まったのは、夕焼けの蓮田やおおつ野から望遠レンズで撮られた水郷公園、一昨年行われた霞ケ浦でのトライアスロン、1982年の土浦駅ビル建設中の写真ほか、毎日そこを通りかかる人しか気づかないような街の風景を切り取った約480点。

作品には来場者がコメントを書いて貼れるため「一つの作品から話がどんどん膨らみます。ぜひ老若男女、三世代でお越しください」と同会の立木弓子さん。

2月17日(日)午前10時から映像作家の関郷さんが新治地区の文化財や石仏を案内する撮影ツアーを開催。スマホなどで撮影した写真は会期中に展示される。定員30人。

■申し込み・問い合わせ
029(846)2950/土浦市民ギャラリー

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-02-08 10:30:25 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-20更新 ]
  1. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  2. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  3. プロ野球ソフトバンクから育成ドラフトで指名された土浦湖北高校出身で仙台大学4年の大関友久投手(22)が、このほど土浦市内で母校野球部OB有志ら主催による「応援する会」で飛躍を誓った。
  4. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
  5. かすみがうら市公式キャラクター「かすみがうにゃ」のLINEスタンプが、このほど発売。市担当者は「普段の生活で使ってもらうことで、市民の皆様に身近に感じてもらえたら」と話している。
  6. 取手市内7つの高校が芸術活動を発表する「とりでスクール・アートフェスティバル」が、1月18日(土)〜25日(土)まで市内2カ所で開かれる。
  7. 全域の仕事情報が集まる相談会が、1月22日(水)〜31日(金)まで県南各地で開かれる。主催/茨城県人材開発労務協会。
  8. オークラフロンティアホテルつくばの総料理長関洋さんが3月に退任するのを前に、同ホテルでは「セレブレーションディナー〜オペラ・ガラ・ナイト」を3月8日(日)に開催する。
  9. 賃貸住宅オーナーに向けた「確定申告・ライフプランセミナー」が、1月25日(土)イーアスつくばのイーアスホールで開かれる。
  10. 無病息災や豊作を願うどんど焼きが、1月18日(土)つくば市の小田城跡歴史ひろばで行われる。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

PAGE TOP